HOME > 壁面収納・Shelfシリーズ > 壁一面の本棚 奥行350mm / 組み立て方法

Shelf

壁一面の本棚 奥行350mm / 組み立て方法

壁一面の本棚 奥行350mmの組み立て方を、壁一面の本棚 奥行350mm/縦7コマ×横7コマ(SLF-AR-2400/2400-EX)を事例に説明いたします。
組み立てには大人2名以上が必要です。また、床で組み立ててから立ち上げますので、ある程度の組み立てスペースが必要です。

プロセス01
プロセス01

01.
開梱した状態の部材です。部材および付属品の確認をします。各タイプごとにお届けする部材および付属品は異なります。商品詳細ページにてご確認ください。

部材および付属品の名称
(1) ブレース板
(2) 横板
(3) 縦板
(4) 側板
プロセス02
02.
この様に端部にナットが埋め込まれているものが横板(棚材)です。1枚だけ奥行きが狭いものがあります(写真では最上部に置いてあります)。これが最下段に使われる横材(棚板)です。
プロセス03
03.
側板を立てた状態で順に横板をセットしていきます。ここではまず最下段の横板をセット、次に下から2番目(2番目以降は同じサイズです)をセットしているところ。
プロセス04
04.
付属の六角レンチを使ってボルトを締めている様子。この写真からも最下段の棚板とそこから2番目の棚板の奥行きの違いがお分かりになると思います。巾木分の寸法の違いです。
プロセス05
05.
この要領で片側の側板に対して横板(棚板)をすべて取り付けます。
プロセス06
06.
全て固定したら順に縦板を嵌めていきます。その際にはその縦板が水平になるように注意しながらゆっくり嵌込んでください。
プロセス07
07.
この写真の様に片方が入り込んでしまった場合は一度引き抜いて再度06.の作業からやり直してください。
プロセス08
08.
どうしても片側が深く入り込んでしまって斜めになったまま抜けなくなった場合にはこの様にゴムハンマー等を用いて軽く叩いてください。
プロセス09
09.
同様の手順で縦板をすべて嵌めた状態です。
プロセス10
10.
床から起こして四隅にブレースを入れた状態です。

(注)この組み立て手順には壁に対しての転倒防止処置は入っていません。

▲ Page Top

Shelf(シェルフ)

Shelf(シェルフ)

壁面を天井まで最大限に有効活用できる、シンプルなデザインの壁面本棚シリーズ。エコロジー素材を採用しDIYと比較しても遜色のないコストパフォーマンス。本棚、レコード棚、ファイル整理棚など。

Shelfシリーズ内ラインナップ

▲ Page Top

月間収納ランキング