BUNACOブナコ国産ブナ材を使ったインテリア雑貨

BUNACO ブナコ
国産のブナ材を用い、独自の製法で作られる
エコでユニークなプロダクト。

BUNACO(ブナコ)は、日本一の蓄積量を誇る青森県のブナの木を有効利用するために開発された独自のユニークな製法で木工品です。熟練した職人によりひとつひとつ丁寧に手作りされています。

ブナの木を幅15mm程度、厚さ1-2mm程度に細長くスライスしてそれを若干湿らせた状態で型の上にとぐろを巻くように巻き付けて固めます。湿らせた水分が蒸発するとともに全体の容積が縮小するのを利用して締め固められるという工法です。同じ器を作るに場合でも木材の塊を削っていく場合と比較しても無駄にする部分がほとんどなく資源を有効に使い切ることが出来ます。同時に専門の熟練工が必要な極めて日本的とも言える優れたプロダクトです。

BUNACOテーブルウエア

和、洋どちらのシーンでもお使いいただけます。

10年以上にわたり生産・販売が続けられ支持を得ている商品として、ブナコのボウル(#266・#264・#261)が青森県内初のグッドデザイン・ロングライフデザイン賞(2012)を受賞しました。

BUNACOインテリアグッズ

シンプルで優しいフォルムのインテリアグッズ。

グッドデザイン賞(2009)を受賞したSWINGティッシュボックスケースをはじめ、トレー、ペンスタンド、ダストボックスなどシンプルで優しいフォルムのインテリアグッズです。

BUNACO独自のユニークな製法

厚さ1ミリにスライスしたテープ状のブナ材をコイル状に巻きつけ、それを少しずつ押し出すように成形してくBUNACO独自のユニークな製法です。材料となる木材を無駄なく使うことができ、また従来の木工品にはないような形状にも対応することができます。

BUNACO独自のユニークな製法

熟練した職人により手作りされています

すべて熟練した職人による手作りで行われています。50年以上の実績と技術の積み重ねにより上質な製品を作り続けています。

熟練した職人により手作りされています

BUNACOの特製

割れやゆがみがありません。

割れやゆがみが少なく、乾燥や湿気など気候風土の異なる場所でも安心して使えます。

耐水性に優れたコーティング。

仕上げには耐水性に優れたウレタン加工を施しています。

お手入れが簡単。

通常の食器用中性洗剤で洗え、お手入れが簡単です。

BUNACOの歴史

1956年 青森県工業試験場場長城倉可成氏(故人)と石郷岡啓之介(故人)の共同研究により考案される
1963年 ブナコ漆器製造株式会社設立
1966年 北日本中小企業振興展において通産大臣賞を受賞
1966年 県内企業初の通産省選定グッドデザイン商品(Gマーク)に選定される
1967年 全国発明表彰実施賞を受賞
1978年 日本で初めて開催された「日本クラフトコンペ・京都」(第8回世界クラフト会議協賛事業)に出展グランプリ・講談社賞を受賞
1981年 通産省選定グッドデザイン商品(Gマーク)に選定される
1982年 通産省選定グッドデザイン商品(Gマーク)に選定される
1985年 新シリーズ「黒のうつわ」シリーズ発売
1990年 新漆器シリーズ「うるわし ななこ」シリーズ発売
1993年 新シリーズ「杢目」シリーズ発売
1996年 新シリーズ「きなり」シリーズ発売
1998年 新シリーズ「まきわぎ」シリーズ発売
1999年 リビングデザインコンペ「 PRODUCTS 1999」において、優秀デザイン商品42点に選定される

FRAME プロダクト一覧

FRAME

BUNACO(ブナコ)

日本一の蓄積量を誇る青森県のブナの木を有効利用するために開発された独自のユニークな製法で作られる木工品です。

BUNACO プロダクト一覧