FILE 324

緩やかに空間を仕切るパーティション 障子スクリーン / Cavalletto

JURIS Online、beck-onlineDBpiaDSI dataIBFD OnlineKISSMBOなど、世界的な学術データベースを販売するエヌオンライン様のオフィスに、マルゲリータの製品を導入していただきました。「Shelf 壁一面の本棚 奥行350mm」「AbitaStyle Amandaチェア」「Cavalletto 障子スクリーン」「Tavola ダイニングテーブル スチール脚(SL」をお使いいただいている様子をご紹介します。


広いスペースの大きな壁の前に、「Shelf 壁一面の本棚 奥行350mm」を3台並べて設置しました。左端を左側の壁に沿わせて、左側に縦7コマ×横5コマの本棚を2台、さらに右側に縦7コマ×横7コマの本棚を1台連結し、壁面全体を本棚で覆いました。棚の中央には茶器や木箱、オブジェクトがディスプレイされ、右側にはレターケースが整然と配置されています。棚板と背後の壁の間に差し込む光が淡い影を作り、壁面に彩りを添えています。最上段には和室の欄間のようなスペースもできています。

会議テーブルの椅子は「AbitaStyle Amandaチェア」をお使いいただいています。これはは張地にリサイクルレザーを使用した椅子で、使われない時には5台までスタッキングして収納できます。リサイクルレザーとは、天然皮革の端切れをアップサイクルして製作された素材で、SDGsやエシカル消費の観点からも注目を集めている環境に優しい素材です。

壁一面の本棚は、厚さ15mmの縦板と横板に相互に切れ込みを入れて嵌合させて組み立てられています。各横板は両脇の縦材と最低限のボルトで固定されています。四隅のセルにブレース材を配置することで、平面方向の剛性が確保されているため、背板をつける必要がなく、奥行き全てを収納として利用できます。また、棚板と収納されたコンテンツを透かして本棚の背後の壁が見える構造です。

障子スクリーン

応接スペースは、ネオ・ジャポニズムのテイストで統一されています。欅の一枚板の重厚な机と木製の椅子、木目の美しい飾り戸棚、行燈のような照明、大きな窓に格子障子が設置されているこのスペースを、隣接する営業事務のスペースと切り離すのが「Cavalletto 障子スクリーン」です。

Cavalletto」は、日本に伝統的にある屏風の構造を現代に置き換えたシリーズで、木製フレームには天然木無垢材を使用しています。障子スクリーンには破れにくい丈夫な強化障子紙「ワーロン紙」を採用し、光を柔らかく透過しながら向こう側の気配だけが伝わってくるパーテーションです。障子スクリーンで隔てられた隣のエリアは、経理や事務を行うスペースとしてお使いです。応接スペースの長手の壁面に広がる窓からの外光が、障子スクリーンを通してそのエリアにまで届いています。

障子スクリーンは屏風のように折りたたむことができ、使用しない時は片寄せて隣の空間と一体化させることで広い空間を確保できます。屏風のようにジグザグに立って安定しているため、この空間に突発的な破綻が起こらないことを逆説的に保証しています。床や天井にパネルパーティションを固定してオフィスの間仕切りとする場合とは異なり、光を共有し、安定しつつも流動的な、緩やかな空間の広がりを感じることができます。

経理や事務を行うスペースには、大きな「Tavola ダイニングテーブル スチール脚(SL)」が配置されています。「ダイニングテーブル」の名の通り、対面で座る相手との適切な距離を保つデザインになっており、広くて安定した天板はワークテーブルや会議用テーブルとしても理想的な空間を提供します。天板を機能的かつ美しく見せるために、他の要素を極力排除したミニマルなデザインが採用されています。スチール脚は、構造的に必要な最小限のスレンダーな形状で設計されており、フリーアドレスのワークスペースとして足元を気にせずに利用できます。

障子(しょうじ)は、日本の伝統的な建築において、窓や仕切りとして用いられる建具です。平安時代から使用されており、縦横の組子が織りなすグリッド状の陰影と、そこに貼られた和紙を通した初雪のような光の対比が、特に室内において独自の世界観を作り出します。障子の四方枠と組子による幾何学的な構成は、近年では和室に限らずさまざまなシーンで使われています。

障子を使用することで、外光を室内に取り入れ、自然光が広がる清々しい雰囲気を演出できます。また、障子は軽くて取り外しやすいため、季節に応じて窓や壁を変えることができ、暑い夏や寒い冬にも柔軟に対応してきました。

ここでは基本的な障子の機能を継承しつつ、破れにくい丈夫な強化障子紙ワーロン紙を使用、四方枠の中に組子を格子の様に細かく配置したユニットを作り、それを蝶番で連結させます。2連タイプ、3連タイプ、4連タイプを用意しました。キャスターを取り付けることで移動も一人で出来、折りたたみ式なので使わない時はコンパクトに収納できます。ご家庭における来客時のリビングとダイニングの仕切り、オフィスのワークスペースと接客スペースの間など、必要な時だけ取り出して置くという使い方も可能です。


この事例と関連するプロダクト

Shelfシリーズ / 壁面を天井やまで最大限に活用できる壁一面の本棚。専用の収納ボックスもある組み立て式。

Shelfシリーズ

壁面を天井やまで最大限に活用できる壁一面の本棚。専用の収納ボックスもある組み立て式。

Cavallettoシリーズ / ダークブラウンのフレームで展開するコートハンガー、シェルフ、ミラー、屏風型パーティションも。

Cavallettoシリーズ

ダークブラウンのフレームで展開するコートハンガー、シェルフ、ミラー、屏風型パーティションも。

Tavolaシリーズ / ダイニングテーブル、コンソールデスクを中心にしたシリーズ。座卓、文机も。

Tavolaシリーズ

ダイニングテーブル、コンソールデスクを中心にしたシリーズ。座卓、文机も。

AbitaStyle(アビタスタイル) / 「照明・光」を通じて様々な空間を創造してきた照明メーカー「遠藤照明」による家具ブランド。

AbitaStyle(アビタスタイル)

「照明・光」を通じて様々な空間を創造してきた照明メーカー「遠藤照明」による家具ブランド。

マルゲリータお客様使用例をYouTubeでもご紹介しています。