EXAイグザアウトドアファニチャー

EXA(イグザ)アウトドアファニチャー

耐久性に優れ、環境や人体にも優しい
アセチル化木材を用いたアウトドアファニチャー

EXAとは「EXterior product of Accoya」の頭文字。アセチル化木材「ACCOYA®」を使った屋外用の木製ガーデンファニチャーです。
ガーデンチェアやガーデンテーブルなど、これまでできなかった天然木によるエクステリア用品を展開していきます。

EXAデッキテーブル

デッキテーブル/ EXA

連続する長いリブで構成される天板をそのリブとリブの隙間に挟まれたこれもまた連続して三角形を構成する板材がその三角形の先端を地面に対してまるで爪先で立っている様な姿で成立させているガーデンテーブルです。一つの断面形がテンション材に沿って奥に伸びている形です。そのためスティック状の部材の数を変えることでテーブル自体の奥行も調整出来る事からここでは3タイプのバリエーションを持たせました。

「デッキテーブル」の詳細へ

EXAガーデンチェア -02

ガーデンチェア -02/ EXA

椅子の形状を決めるにあたってはその座面を支える4本の脚が受ける鉛直荷重と、更にそのうちの2本は背凭れの受ける水平荷重も合わせた垂直方向と鉛直方向のバランスの取り方が特に重要です。このアウトドア用の椅子は背凭れと兼用される縦材に対するモーメントのかかり方とそれに対応する反力の力学的な分布を直感的に表現したものです。背凭れの屈折点の位置をずらすことによってそこにかかる水平力と、同時に4本の脚のうちの2本にかかる鉛直方向の力を分担して受け持つ様を形に表したものです。

「ガーデンチェア -02」の詳細へ

EXAガーデンチェア -03

ガーデンチェア -03/ EXA

ガーデンチェア-02で試みた椅子の背面をそのまま同じ断面の板材を連続させることにより、屈折した一枚の面として地面に着地させた形です。この場合はその屈折した背面板と座面が全体を作る要素となり前方の2本の脚の存在は座面を支える役割のみとなり全体としては従属的な存在となります。しかし、まさにこの前方へ向いていくかの姿が構造的な役割を演じないながらも軽快な印象を保てれば、と考えました。

「ガーデンチェア -03」の詳細へ

EXAデッキチェア

デッキチェア/ EXA

リートフェルトの名作レッドアンドブルーチェア、その座面と背凭れをステンレス線材を通して緊張させた連続するリブにより構成、線材を面に昇華させた椅子、デッキチェアです。両端の肘掛けは在来の工法で組み上げ、そこを支えにしたポストテンションによる構成で成り立っています。

「デッキチェア」の詳細へ

EXAクレイトチェア

クレイトチェア/ EXA

リートフェルトのクレイトチェアはレッド&ブルーチェアほど一般的には認知されていません。レッドアンドブルーチェアに比べると座面が少し長く、腰を掛けた際の座り心地も幾分劣ります。確かめたわけではありませんがおそらくレッドアンドブルーチェアへと発展する試作段階のものであったか、もしくはこの経験を基にレッドアンドブルーチェアが作られたのかそのどちらかであろうと思えます。色が塗られた物が確認できないのもその推察の理由です。

「クレイトチェア」の詳細へ

EXAジグザグチェア

ジグザグチェア/ EXA

リートフェルトのジグザグチェアと呼ばれる3箇所の屈折点から成立する椅子をその全ての面を連続するリブに置き換えることにより成り立たせた屋外用の椅子です。ジグザグチェア自体はその見た目の圧倒的な不安定感を屈折点の接着強度に依存するという緊張感さえ漂う中に成り立っています。座ると壊れるのではないかという不安感が緊張感に繋がりもはや椅子に座ることによって得られる安息感など消し去られるほどの空気がそこにはあります。

「ジグザグチェア」の詳細へ

アセチル化木材アコヤ

写真提供:池上産業(株)

アセチル化木材「ACCOYA®」

アセチル化とは自然の木材成分と酢酸を化学反応させることで、木材中の親水性(水分を吸いやすい性質)のある水酸基(-OH)を疎水性であるアセチル基(-COCH3)に置き換える化学処理を言います。アセチル化により木材の性能が飛躍的に向上します。特に疎水性の向上により「腐らない木材」としても国際的に認められています。ACCOYA®はそのアセチル化処理を施した木材を指します。またここで言う化学反応ではあらたな有機物質を加えるのではなく引いていくことによる化学反応なので全てが自然界に存在する成分から成り立っているため環境負荷という点では無害です。

ACCOYA®は、ACCSYS Group-Titan Wood社の登録商標です。