File 491

L型に配置された壁面収納 開口部のある本棚 / Shelf

L型に配置する | 開口部のある本棚 / Shelf (No.12)  | マルゲリータ使用例 シンプル おしゃれ 部屋 インテリア レイアウト

都内の新しい戸建て住宅にお住まいのお客様です。
リビングのコーナーに「Shelf 壁一面の本棚」を2台設置いただきました。

開口部のある本棚はリビングボードに

1台は「中央に開口部のある本棚」です。
ソファーに座った時の目線の高さに合わせて、大型テレビが置かれています。壁面のサイズに合わせて、縦7コマ横6コマにカットし、真ん中の3段4列に開口部を作りました。になりました。4隅のブレーズ材が形成する対角線は、左右対称の構成を印象的に仕上げています。

L型に配置する | 開口部のある本棚 / Shelf (No.12) | マルゲリータ使用例 シンプル おしゃれ 部屋 インテリア レイアウト

L字型の壁面収納の水平ラインを揃える

もう1台は、「Shelf 壁一面の本棚 奥行250mm」です。
「中央に開口部のある本棚」の棚と、水平面が揃うように加工しました。
これらの2台をL字型に配置した結果、壁面を床から天井まで最大限に活用した一体感のあるコーナーが出来上がりました。家族の知的好奇心の源泉になるようなスペースです。12本の垂直線と7本の水平線による縦横の整然としたグリッドが、お部屋の個性になりました。

L型に配置する | 開口部のある本棚 / Shelf (No.12) | マルゲリータ使用例 シンプル おしゃれ 部屋 インテリア レイアウト

「開口部のある本棚」の魅力

この本棚の奥行は、350mmあります。重い書籍をみっちりと入れてもたわまない強度を備えた奥行きある構造を生かして、美術書や画集などの大型本やLPレコードなどを収納できます。専用のカセット式オプションツールで、収納のバリエーションを広げられます。棚をディスプレイスペースとすることも、全て引き出しに入れてしまう収納も実現できます。
このケースでは、大型テレビを設置するために、真ん中に大きな開口部を作りました。補強梁を2本渡すことで十分な強度が確保されていますので、開口部の上部のセルにも大型書籍などを収納できます。補強梁の素材は天然木集成材で、自然塗装による仕上げです。

L型に配置する | 開口部のある本棚 / Shelf (No.12) | マルゲリータ使用例 シンプル おしゃれ 部屋 インテリア レイアウト

インテリアの雰囲気に溶け込む

外光がふんだんに入る淡い色合いの明るいリビングに大きな本棚が2台も設置されていますが、全体としてソフトな雰囲気になっています。本棚のシナ合板の木の色が、床、天井、壁の色に自然に馴染み、全体の色彩のバランスが優しい印象を生み出しています。天井のファン付きシーリングライト、ワークスペースのデスクの色との相性もぴったりです。
ボリューム感のある黒い大型テレビが置かれた本棚は、抜けた背面から見える白い壁面と、棚板による障子の格子のような視覚効果によって、軽さの感じられる空間になっています。
将来、収納するモノが増えてきて、棚の中にモノが密度高く収まるようになったときでも、製品の淡い木の色合いの効果で、柔らかい印象が保たれるでしょう。

L型に配置する | 開口部のある本棚 / Shelf (No.12) | マルゲリータ使用例 シンプル おしゃれ 部屋 インテリア レイアウト

将来の楽しみ

テレビの上の列には、ギガミックのゲームの箱を1つずつ並べ、エスプリの感じられるディスプレイにしています。今後、配置を変えて収納に活用するときには、写真の1番下の段、右から2番目のセルのように、サイズや色合いが揃った背表紙の本を選んで並べてみると背表紙によってストライプができるので、シンプルなルックスを演出できます。
もちろん、専用アクセサリーの引き出しやファイルボックスを活用して、見せない収納を実現することも可能です。

L型に配置する | 開口部のある本棚 / Shelf (No.12) | マルゲリータ使用例 シンプル おしゃれ 部屋 インテリア レイアウト

下垂タイプの観葉植物

この壁面収納の様にセルが正方形であり壁面全体をグリッドで仕切っている本棚には下垂型の観葉植物が特に映えます。一つはその下垂部分の長さが座標軸で読み取れる感覚であり時間の経過とともに長さが変わるのも感じ取れるところです。
それともう一点は下垂型壁面緑化に用いられるいわゆるツルキャッチャーが正方形のグリッドで構成されていて「似ている」という点もあります。

ここでは天井まで届く高さを生かして観葉植物が置かれています。窓からの光とファンのそよ風で植物がよく育ち、心地よいオアシスになります。下垂観葉植物をお楽しみください。(本棚の木材は無塗装ですので、鉢の水が棚を濡らさないようにご注意ください。)

L型に配置する | 開口部のある本棚 / Shelf (No.12) | マルゲリータ使用例 シンプル おしゃれ 部屋 インテリア レイアウト
 
L型に配置する | 開口部のある本棚 / Shelf (No.12) | マルゲリータ使用例 シンプル おしゃれ 部屋 インテリア レイアウト
L型に配置する | 開口部のある本棚 / Shelf (No.12) | マルゲリータ使用例 シンプル おしゃれ 部屋 インテリア レイアウト
L型に配置する | 開口部のある本棚 / Shelf (No.12) | マルゲリータ使用例 シンプル おしゃれ 部屋 インテリア レイアウト

壁面収納の魅力をあらためて

この棚の奥行きは、本棚として最も標準的なサイズです。セルの内側は、幅315mm、高さ320mm、奥行250mmあり、単行本、雑誌、A4の書類を綴じる普通のファイルなどが入ります。文庫本や新書などは2列にして収納できます。
専用ツールの「本棚の中の棚」を使い、セル内に段を設けて2列にした本の背表紙を隠さずに収納することも可能。大好きなモノをたっぷり収納できる大容量が魅力です。

L型に配置する | 開口部のある本棚 / Shelf (No.12) | マルゲリータ使用例 シンプル おしゃれ 部屋 インテリア レイアウト

右奥のワークスペースの活用

ソファに座ると視界に入る一段奥の白い壁面は、部屋全体の印象に影響します。何が見えたら心地よいのかを想像する楽しみは格別。季節感を表現するスペースにしても楽しそうです。それとも、もう1台書棚を足して、増える蔵書に対応することも可能かと。
ワークスペースとリビングとの間に、パーテーションとなるツールを置いて、プライベート空間を確保するのもおしゃれです。リビングとの自然なつながりを感じるホームオフィスを実現できそう。床面がフラットなので、「キャスター付き収納カート」のシリーズを導入したら活躍しそうです。

L型に配置する | 開口部のある本棚 / Shelf (No.12) | マルゲリータ使用例 シンプル おしゃれ 部屋 インテリア レイアウト

オプションを活用して

  • 専用ツール「壁一面の本棚アクセサリー」は、ファイルボックス、仕切り板、整理ボックス、収納用引き出しなどのバリエーションがあります。
  • 深い奥行きの内部に段差をつける「本棚の中の棚」は奥行き350mmにも250mmにも対応。文庫本、新書、コミックス、DVDなど増え続けるコレクションを、背表紙を隠さずに収納可能。
  • 棚の上部のセルに「落下防止バー」を設置すると安全性が高まります。
  • テレビ周辺の配線のために、カットを入れました。

マルゲリータお客様使用例をYouTubeでもご紹介しています。

▼ 主なプロダクトを用途別にご覧いただけます