File 341

吹き抜けの天井まで届く壁面収納 壁一面の本棚 奥行350mm / Shelf

天井の高い新築のマンションにお住いのお客様のマルゲリータ使用例です。
そのロフト付きの吹き抜けの様な高い天井の書斎にまさにその天井まで目いっぱいに「Shelf 壁一面の本棚 奥行350mm」を設置されました。

ロフト付きの書斎

ロフトとは、床から天井の間にもう一つの床を設けて室内を二層構造にし、ハシゴを使って昇り降りできるようにしたものです。部屋の床面積にはカウントされず、上部収納のようなものとして扱われます。ロフト部分はその天井の高さは1.2m以下とされています。それが床面積にカウントされない条件なので立って歩行することは困難で中腰での歩行ができる程度の高さです。

ロフト付きの書斎
吹き抜け空間に天井までの壁面収納

ロフトのある部屋は必然的に天井が高く設けられているので、その部屋にいると独特の開放感があります。ここではロフトそのものよりもその高さを利用した居室の壁面一杯に設えた壁面収納のご紹介です。日本ではなかなかその実現が難しい吹き抜け面に設置する本棚ですが以下の様な方法で実現に至りました。

ロフト付きの書斎

●基本的に2つの本棚を上下に組み合わせる。本件に於いては横8コマを希望されていたので5コマと3コマを横に並べ更にその上に同じサイズのものを増設した形になります。

●上下の本棚はそれぞれが壁面に固定されていて水平方向、前後方向の動きに対して特に上段の本棚はその動きを極力下段には伝えない様にしています。

●上下の本棚の連結は専用のH型金物を用いて縦材が「ずれる」ことは万が一にも避ける。

H型金物のフランジ面には強力な両面テープによる摩擦力で前後にずれることはありません。それにより最上段の横板を固定することでモーメント的にも有効に働くことにより安定します。

上下連結の本棚ジョイント

本に囲まれた空間は直ぐに手に取れる一に本がある、という事とは違います。もしかしたら二度と手に取らない本もそこにはあるかもしれません。しかしそれが一瞥出来るということと自分のこれまでの積み重ねがそっと背後に控えているという景色に妙に納得させられる面があると思います。今回ご紹介するのは、吹き抜けの壁面いっぱいに書棚が造作された本棚は吹き抜けの開放感とその面を覆っている通常よりも背の高い家具を置くことで収納スペースをより確保することもできます。

上下連結の本棚ジョイント

吹き抜けの高い天井に壁一面の本棚

吹き抜けの高い天井に壁一面の本棚

本件では本棚と同時に日常的にこの書斎で使う様々なツールをここに収納されています。壁面収納としての機能も備えつつ壮大な景色が広がります。その入口を通して見た上部を見切られるほどの圧倒的な姿を既製品を置くだけで実現することが出来た事例のご紹介です。

吹き抜けの天井に届く壁一面の本棚本棚

壁一面の本棚 奥行350mm/Shelf の詳細へ

マルゲリータお客様使用例をYouTubeでもご紹介しています。

▼ 主なプロダクトを用途別にご覧いただけます