FILE 357

アトリエの本棚に 壁一面の本棚 奥行350mm / Shelf

北海道札幌市の「株式会社 鈴木理アトリエ」様のアトリエ部分に「Shelf 壁一面の本棚 奥行350mm」を導入いただきました。

設計事務所本棚

ご自身のお住いを併設されたこの建築設計事務所では、中二階がアトリエとして使われています。このスペースを1階から見上げる位置に本棚が設置されています。階段を上がった突き当たりの壁には建築の敷地模型が飾られ、その右側に本棚が配置されています。さらに右側には、2人が並んで着席できる大きなデスクを備えたアトリエのワークスペースが広がっており、その先の壁面からは自然光が差し込んでいます。

アトリエは勾配天井になっており、木製の梁が見えています。この梁の高さに合わせて本棚の高さを調整し、最上段をカットしたため、本棚は縦6コマ×横7コマの構成となりました。短いスパンで並ぶ梁、天井板、床材には無垢の木材が使用されており、その構造体の間を縫うように本棚が設置されています。

アトリエの本棚

本棚の下から4段目までの低い部分には、大型の書籍やかさばるファイルが多く収納されており、視覚的に安定感を与えています。一方、上から2段目を中心とした高い位置にはスタディ模型が飾られています。このゾーンは立った姿勢で視線が届くため、アトリエへと続く通路を歩くたびに模型が視界に入ります。

スタディ模型は、平面の図面をボール紙やスチレンボードで切り抜いて組み立てた立体モデルです。実際の建物を具体的に形にし、間取りのボリューム、窓や扉のサイズやバランス、光の入り方などを建築士とクライアントが検討するための重要なツールです。これらのスタディ模型が本棚の高い位置に展示され、立方体の形に切り取られた空間に並んでいます。アトリエへの動線上に模型が並んでいる光景は、ミニチュアの町並みの中を歩いているような錯覚を引き起こし、住まい創りのクリエイティブなプロセスを感じさせます。現在進行中のプロジェクトや、検討段階を終えたプロジェクト、完工したプロジェクトの模型が一つ一つ確かな足跡として展示され、光彩を放っています。

設計事務所の本棚

ランドスケープのデザインもされているこの設計事務所の特徴を示す敷地模型が、本棚の左側の壁面に立てかけるようにして置かれています。極めて個性的なインテリアとして、階段の下からアトリエ方向を見上げたエリアのフォーカルポイントになっています。最上段のセルには受賞の実績を示す賞牌などが飾られています。本棚の縦板の先端が描く細いラインが梁の力強いラインとコントラストを作って、天井の傾斜が形づくる室内上部の空間を印象的に縁取っています。

アトリエの本棚

この事例と関連するプロダクト

Shelfシリーズ / 壁面を天井やまで最大限に活用できる壁一面の本棚。専用の収納ボックスもある組み立て式。

Shelfシリーズ

壁面を天井やまで最大限に活用できる壁一面の本棚。専用の収納ボックスもある組み立て式。

マルゲリータお客様使用例をYouTubeでもご紹介しています。