File 385

アナログレコードのためのオーディオルーム その2 BLC収納ボックス / BLC

写真家が本業ですがオーディオ、音楽、車をこよなく愛するお客様。 前回に続き、オーディオルームでご利用になっている「BLC収納ボックス(BLC-02)」および「Piega レコードスタンド」をご紹介します。(前回の記事はこちら) 新しく設置されたアナログLPレコード棚の上に、BLC収納ボックス(BLC-02)を4台スタッキングしてCD棚を設置されてます。

Exclusiveのスピーカー

オーディオルーム

人ごみの中で手を叩く、誰もいない乾いた室内で手を叩く、浴室の中で手を叩く、その音をイメージするだけで分かりますが音は部屋による影響を大変強く受けます。それは、床、壁、天井の材質の違い、またその部屋そのものの形状によって音の反射が異なるからです。部屋によって音が異なるということはオーディオ機器でハイクォリティな音質を追求する時に同時に考えなければならないことです。本件はその様な中で作られたバランスのとれたオーディオルームです。

ORACLEのCDトランスポート

その室内には2台のExclusiveのスピーカーに向かって右側にBLC-083段積みで水平方向に並べてお使いいただいています。BLCは増殖できるボックスなので今後アナログレコードが増えていった時もその数に応じて買い足していくことが出来る、必要量に応じてその数、形を変えていくことが出来るアナログレコード専用ボックスです。

BLC収納ボックスはビー玉でスタッキングされているので場所移動や配置変更が容易です。下の写真はBLC収納ボックス(BLC-02)を2台にして、左側の空いたスペースにレコードスタンド(LPS-01)を置かれてます。

ORACLEのCDトランスポート

左側にはBLC-08BLC-12を一部煉瓦のフランス積(※)の様な重ね方で重ねてお使いいただいています。またボックスの上部には天板を介して現行の最高級機種と言われているORACLEのCDトランスポートが置かれています。

フランス積(※)煉瓦の長手と小口を交互に積む方式。壁の表面には綺麗なな柄が現れ、最も美しい積み方といわれています。フランドル地方で完成した積み方なので、正確にはフランドル積みと言います

ORACLEのCDトランスポート

オーディオルームの顔はスピーカーと言われています。本件では普段滅多にお目に掛かれないExclusiveのスピーカーを左右それぞれ30°程度開くように傾けてまるでそこに舞台があるかのような配置を取ります。顔でありながら少し控えめに置かれているところが一層この部屋の品を高めている様に感じました。

ORACLEのCDトランスポート Exclusiveのスピーカー

Exclusiveのスピーカー

Exclusiveのスピーカー

Exclusiveのスピーカー

→ 収納ボックス/BLC の詳細はこちら

→ レコードスタンド/Piega の詳細はこちら

マルゲリータお客様使用例をYouTubeでもご紹介しています。

▼ 主なプロダクトを用途別にご覧いただけます