FILE 415

シェアハウスの大きなダイニングテーブル ダイニングテーブル / Tavola

シェアハウスのダイニングテーブルに | スプルス積層パネルを用いたテーブル スチール脚(浮造り調)/Tavola(No.1)

品川区・大田区を中心に不動産事業をされている(株)アイディプロパティ様の事例です。
新たに展開するシェアハウスのダイニングテーブルに「Tavola スプルス積層パネルを用いたテーブル スチール脚(浮造り調)」をご採用いただきました。

打ち放しコンクリートの天井

打ち放しコンクリートの天井と整えられた壁面に囲まれ、室内の中央に据えられたダイニングテーブルは、そこに配置されたオーガニックな椅子のスタイルと調和し、日常の中で少し異質な雰囲気を漂わせています。このような荒々しいコンクリートの表情を意図的に残すことは、建築の段階から計画された打ち放しコンクリートの天井とは異なり、一種のリスクを伴います。しかし、必要な箇所は修復され、木製の型枠の風合いが再現されたこの姿は、内装工事に無駄な費用をかけない、シンプルで堅実なアプローチを表しています。

シェアハウスの大きなダイニングテーブル

コミュニティ型賃貸住宅

最近、空室解消の新たな手法として注目されているのが、シェアハウスとしても知られるコミュニティ型賃貸住宅です。

シェアハウスへの改装は、空室対策の一環として行われることがあります。リフォームが完了した後は、各個室や共用スペースに家具や家電を配置していきますが、その具体的な内容についての規定はありません。状況に応じて柔軟に対応することが、この手法の特徴です。

シェアハウスの6人掛けダイニングテーブル

シェアハウスのメリット

所有する建物が立地する地域の環境に、例えば学校や若者が集まるエリアに近いなどの特徴がある場合、一般的な賃貸住宅よりも、より特定の層を対象とした転用がインパクトを持つかもしれません。また、周辺物件の賃料相場なども、転用を検討する際の重要な参考情報となります。

1.賃料が安い
2.設備品がそろっている
3.人とのつながりが増える

などが入居者に対するメリットとなりそれが入居につながる可能性を上げます。その中で2、3を満たすツール、すなわち家具を考えるときの共用部家具 ダイニングテーブルに注目してみます。

シェアハウスの8人掛けダイニングテーブル

ダイニングテーブルの適正なサイズ

ここでは、ダイニングテーブルの適切なサイズを人数に応じて考えてみたいと思います。

通常、1人が座るためのスペースは幅600mm×奥行400mm前後が推奨されています。これにより、十分な食器置き場と隣の席との間隔が確保されます。したがって、6人用のダイニングテーブルの推奨サイズは、1800mm×800mmです。ただし、これはあくまで目安であり、食事のスタイルによってテーブルのサイズは変化します。しかし、6人用の2400mm×900mmのテーブルは、驚くべき存在感があります。充分なスペースと距離が確保され、新しい生活への期待が高まることも期待出来ます。

シェアハウスの大きなダイニングテーブル
シェアハウスの6人用ダイニングテーブル
シェアハウスの6人掛ダイニングテーブル
シェアハウスのダイニングテーブル

シェアハウス

建築的な観点から見ても、古びた賃貸住宅の空室が目立つようになり、不動産業界ではリノベーション市況が活性化しています。築古い戸建てや社員寮などの再利用も多く見られ、個性的なデザインや家具・インテリアを共有スペースに導入する物件も増加しています。さらに、大型スクリーンを備えたシアタールームやフィットネススタジオ、防音室などの設備が整った物件も登場し、賃貸物件の付加価値が高まっています。シェアハウスは、一般的な賃貸アパートと比較して初期費用や毎月の費用が低価格であることも魅力の一つです。

さらに、共通の趣味を持つ入居者を集めたり、ビジネスパーソン向けのシェアハウスやシングルマザーを支援するシェアハウスなど、特色のある物件も増加しています。


この事例と関連するプロダクト

Tavolaシリーズ / ダイニングテーブル、コンソールデスクを中心にしたシリーズ。座卓、文机も。

Tavolaシリーズ

ダイニングテーブル、コンソールデスクを中心にしたシリーズ。座卓、文机も。

マルゲリータお客様使用例をYouTubeでもご紹介しています。