File 227

漫画編集社作業スペースに ロータイプ本棚 移動式 / Shelf

東京都にある漫画の編集制作オフィスに「ロータイプ本棚 奥行350mm キャスターベースセット」を設置いただきました。(先日、壁一面のA5判本棚 奥行180mmの事例でもご紹介したお客様のマルゲリータ使用例です。)

漫画編集社の作業空間に

打合せスペースと本棚を介して反対側にある作業スペースの壁面には、時計やスタッフの動静板やカレンダーがかけられていて、コミック本が整然とディスプレイされた本棚とは全く違う表情を見せています。このスペースこそが新しいコミックを生み出す舞台裏であることが伝わってきます。

漫画編集社の作業空間に

この作業スペースでは「ロータイプ本棚 奥行350mm キャスターベースセット」をご利用いただいています。この本棚は幅1,175mm、奥行き350mm、本棚とキャスターを重ねた高さ960mmのロータイプのオープンシェルフです。背板がないので表裏どちらの面からもご利用でき、オフィス内の通路に置かれた収納の上に作業用の空間も加えられています。取り付けられたキャスターはわずかの力で動かすことができ、ストッパーによる固定も簡単です。本棚の奥行きは350mmあり、A5判やB6判の書籍を2列にして収納することが可能です。本件では両面を正面にして書籍が収納されているセルもありますが、本棚としての用途だけでなく、書類鞄や資料の入った封筒などを一時置きする場所としても、ちょっとした作業台としてもお使いいただいています。

漫画編集社の作業空間に

窓側に設置されている本棚は「壁一面の本棚 奥行350mm ロータイプ」をベースにして作成された特注の本棚です。腰窓に合わせて高さを調節してあり、一番下の段に底板がない形状になっています。壁面に合わせて縦3コマ×横7コマの本棚を連結させています。これらの本棚は迫り出した躯体の柱によって室内にできたくぼみを活用し、角の柱を挟んで直行する壁面にも設置され、オフィスの収納と採光とを両立させています。

背面に巾木加工が施されているので、壁面にぴったりと沿わせて設置されています。壁際はほんの少しだけ床が上がっているケースが多いためそこに設置された本棚は前のめりになるケースが多いため縦材が床と接する部分には楔を噛ませてあります。この楔はこのように前のめりになるのを防ぐと同時に本棚全体を壁側(背面側)に傾けるので転倒防止としても有効に作用します。

漫画編集社の作業空間に

窓側の本棚に収められているのは主にコミックの単行本です。コミック本は、一般的にA5判とB6判で発行されています。A5判のサイズは短辺148mm×長辺210mm、B6判のサイズは短辺128mm×長辺182mmです。本棚の奥行きは350mmなので大きな方のA5判の本でも前後に2列にして収納できます。ただ前後2列に並べると後列になった本は隠れてしまって存在を認識できなくなってしまうことが問題です。そこで専用アクセサリー「本棚の中の棚」を使ってセルの中にひな壇のような段差を作り後列を少し高くして背表紙の一部を見せるように収納します。こうしてアクセサリーを用いて奥行き350mmあるセルの容積を無駄なく活用し、大量のコミック本を収納することができるようになります。 「本棚の中の棚」には高さや奥行きのサイズのバリエーションがあるので、必要に応じて組み合わせてお使いいただけます。

オフィスの一角に、浅い引き出しを高く積み重ねた引き出し家具「A4書類引き出し収納14段 DRW-A4-14」が設置されています。大量の書類の分類保管が必要なオフィス家具としてご利用いただいている、引き出し収納の「Drawerシリーズ」の製品です。用事が済んだ書類や資料などはつい無造作に積み重ねてしまいがちですが、紙のモノは他の紙の下に収まってしまうと次に必要になったときに探し出すことや再び取り出すことが至難の業になってしまいます。上に積まれた他の書類をどかす際に書類の山を崩して大切な用紙を傷めたり、結果として時系列に層をなしてしまった書類の山から一枚の紙を探すために記憶を頼りに時間をかけたりしているような状態は、業務を効率よく進められているとは評価しづらいものです。紙を使うオフィスでは、それを分類するための収納の工夫がどうしても必要になります。
紙の収納は、用紙をファイルに挟んで立てた状態にして水平に並べるか、用紙を水平の状態にして積み重ねて垂直に収納するかのどちらかを選ぶことになりますが、この引き出しは、後者の手法を効率よく行うための形状を備えています。ここでは高さおよそ80mmの引き出しが縦に14段積み重なっています。収納された書類の束は過度に厚い状態になることなく、常にほどよい分量のグループに分けられて水平の状態で積み重ねられて収納されます。下になった用紙を引き出すときにシワや傷をつけたり、破いてしまったりといったトラブルも防げます。この引き出しのサイズは幅356mm、奥行き358mm、高さ1,181mmです。シリーズには引き出しの数による高さのバリエーションがあります。
引き出し収納の「Drawerシリーズ」は、A4書類、A3書類、CD、DVDに最適な引き出しのサイズで展開しており、高さを段階的に選ぶことができます。また、キャスターベースを取り付けて、収納に機動性を加えることも可能です。

漫画編集社の作業空間に

ダイニングテーブルをワークスペースで使用

編集室の責任者のデスクには「Tavola ダイニングテーブル 幅2400mm×奥行900mm」をお使いいただいています。机上の作業スペースの確保はもちろん、複数の進行中のワークをそこで広げたり出来る十分なワークスペースをここでは確保されています。住宅用のダイニングテーブルをそのままオフィスで使用されているケースです。

→ マルゲリータ「本棚・マガジンラック」商品一覧

マルゲリータお客様使用例をYouTubeでもご紹介しています。