FILE 295

A5版コミック本の収納に 壁一面のA5判本棚 奥行180mm / Shelf

鎌倉市の高台にある綺麗な新築住宅にお住まいのお客様です。「Shelf 壁一面のA5判本棚 奥行180mm」2台をそれぞれ1階のリビングおよび2階の奥様の書斎に、「Shelf デスク付き本棚」1台を2階のご主人の書斎に設置いただきました。

A5版本棚によるCD壁面収納

1階のリビングと二間続きの部屋には、膨大な量のCDを収納するCDラックとマルゲリータのA5判本棚が設置されており、リビングに設置してあるAV装置のストレージ的な機能を果たしています。縦すべり出し窓が2面並んだ壁に直行する壁面に、「Shelf 壁一面のA5判本棚 奥行180mm」を設置しました。右端の列の上部はカット加工され、24時間換気のための換気扇を避ける形に加工してあります。

平面的な剛性を確保するために、通常は本棚の4隅に配するブレース材はカットした部分を避けて上から4段目に配置しました。床から天井まで収まる高さに加工されており、この本棚は縦10コマ×横5コマの構造で、壁面全体を覆う造り付け家具のような印象を与えます。

A5判の書籍は、教科書や単行本、コミック本に多く見られるサイズで、縦210mm横148mmです。この本棚の奥行き180mmは、A5判の書籍を収納するのに最適なサイズです。一般的な本棚は奥行きが250mmほどあるものが多いですが、A5判やA6判の文庫本などの小型書籍を250mmの本棚に収納すると、棚板の前に空間が生じ、そこにちょっとしたモノが置かれがちです。それは便利な面もありますが、蔵書が小物の奥に隠れてしまい、本棚全体の印象が雑然とする可能性があります。

マルゲリータの奥行き180mmの薄型本棚は、比較的小型の書籍を壁面いっぱいに収納するのに最適です。この本棚では、コミック本、文庫本、単行本などがそれぞれのセルに分類され、整然と一列に収められています。各書籍の背表紙がよく見え、ワンアクションで取り出せる機能的な壁面収納になっています。

A5版本棚によるCD壁面収納

マルゲリータの奥行き180mmの薄型本棚は、比較的小型の書籍を壁面いっぱいに収納するのに最適です。この本棚では、コミック本、文庫本、単行本などがそれぞれのセルに分類され、整然と一列に収められています。各書籍の背表紙がよく見え、ワンアクションで取り出せる機能的な壁面収納になっています。

コミック本を大人買いして部屋の壁に並べる時の高揚感は、本件の写真からも伝わってきます。これは、本やCDを手元に置く醍醐味の一つと言えるでしょう。本件では、ちょうど目の高さにあるセルにソフビのキャラクター人形をディスプレイしており、セルの密度にコントラストをつけて展開している点も印象的です。

A5版本棚によるCD壁面収納

綺麗に整頓されているワークスペースの反対側の壁一面に縦10コマ×7コマの「Shelf 壁一面のA5判本棚 奥行180mm」が置かれています。床から天井までをフルに使って壁一面に広がるグリッド線で区切られた空間にコミック本のコレクションが垂直に積み上がっている様子は圧巻です。棚板の見付の細い線とコミック本の背表紙の厚みはほぼ似たサイズです。本件では、イレギュラーな形状のモノや横にして水平に積み上げて収納したセルを本棚の端の方に寄せてあるためにこの棚板のラインの組み合わせがより一層強い効果を生み出しています。本棚の4隅に置かれたブレース材が描く斜線は、マンガの集中線のような効果を発揮し上から4段目の赤とオレンジ色の背表紙が並ぶセルをフォーカルポイントに、本棚全体のエネルギーが中心に集まっていくかのような視線の錯覚すら感じさせています。

A5版本棚によるCD壁面収納

一番下の段は右側の2コマ以外にはモノが置かれていません。壁と床の境目の巾木も見えているので、足元の視界の軽やかな印象がより強調されています。棚の背面には巾木の厚みをかわすカットが施されていますので、本棚は背後の壁に沿って設置され、右側の壁との間にはわずかな隙間ができています。

将来的にコレクションが充実してくると、この段への収納も増えてくる可能性がありますが、これほどのスペースが壁面収納として未使用で残っている状態です。さらに最上段と上から2段目のスペースにも、活用の余地がたっぷりあるように見えます。

A5版本棚によるCD壁面収納

この事例と関連するプロダクト

Shelfシリーズ / 壁面を天井やまで最大限に活用できる壁一面の本棚。専用の収納ボックスもある組み立て式。

Shelfシリーズ

壁面を天井やまで最大限に活用できる壁一面の本棚。専用の収納ボックスもある組み立て式。

マルゲリータお客様使用例をYouTubeでもご紹介しています。