FILE 322

汗牛充棟の書斎 その1 壁一面の本棚 奥行350mm / Shelf

近代史の研究をされているお客様の書斎、リビング、寝室、廊下に「Shelf 壁一面の本棚 奥行350mm」「Shelf 壁一面の本棚 奥行350mm ロータイプ」「Shelf 壁一面のコミック本棚 奥行180mm」を導入いただきました。お仕事柄その膨大な書籍を収めるため室内を有効利用しながら本棚を配し常に書籍が取り出しやすい環境を作っておられます。

大学研究室の様な書斎

汗牛充棟の書斎

書斎のドアを開くと、そこには大学の研究室のような一室が現れます。部屋に入るとすぐ正面にファイルを満載した本棚が立ち上がり左側の壁面には大量の書籍が満載された本棚が壁一面に配置されています。この壁面には「Shelf 壁一面の本棚 奥行350mm」が納まっておりその奥にもう一台本棚があります。壁一面の本棚は梁下の高さで造作家具のように床から梁下までのスペースに納まります。ここに設置されているマルゲリータの本棚は奥行き350mm、それぞれのセルの中には書籍が縦横無尽に隙間なく収納され、まさに汗牛充棟の様を呈します。汗牛充棟とはそれを運んでいる牛も汗をかくほどの大量の書物が建物内に入ったら今度はそれが棟、すなわち天井裏まで満ち溢れる様を言います。まさにそれを地で行く様な圧巻の光景です。

この状態になった本棚を部外者が一瞥すると、ある種のカオスが形成されているようにも見えます。しかしながらこうした状態の部屋の主にとっては、この状況は決して混沌ではないと言います。配置状況は置いた際に手に残る感覚や取り出すアクションに伴う体の角度なども記憶を構成する情報として用いながら、相当な精度の明確さで把握されているようです。

床に積み上げられた大型の書籍も含めて室内のあらゆる空間に垂直に立ち上がった膨大な情報量がビジュアル化された、迫力溢れる光景です。

大学研究室の様な書斎 本棚
大学研究室の様な書斎 壁一面の本棚
大学研究室の様な書斎 壁一面の本棚

リビングの壁面に置かれた本棚

リビングは奥様の書斎も兼ねています。突き当たりの大きな壁面の梁下に「Shelf 壁一面の本棚 奥行350mm」が置かれています。書斎エリアとリビングエリアの間にはそのスペースを穏やかに仕切る「Shelf 壁一面の本棚 奥行350mm ロータイプ」を置かれています。この2つの本棚に直行する形で窓を背にしてデスクが配置されています。

ここに置かれた壁一面の本棚は梁下の高さに合わせるために最上段の高さは調整してあります。ここにも大量の書籍が収納されそれぞれのセルの中で前後列に縦横に置かれるなど、密度高く充填されています。

マルゲリータの本棚は、縦と横の棚板を短いスパンで嵌合させて構成されているので、本件のように重量のある書籍を充填しても棚板には撓みはほとんど発生しません。また縦8枚の全ての縦材が床から梁下までを支えているので前方向への転倒が防止された形状になっています。さらに四隅に配されたブレース材によって平面的な剛性が確保されています。

リビングの壁一面の本棚
リビングの壁一面の本棚

ロータイプの移動式本棚

リビングでは「ロータイプのキャスター付き移動式本棚」もお使いいただいています。両面から使えるオープンシェルフです。セルのサイズは壁面の本棚と同じです。大型ファイルボックスや書籍、リビング周辺で使う頻度の高いメガネなどの小物を整理して収納するスペースとしてお使いいただいています。本件では2段の「ロータイプ本棚」を専用のキャスターベースと組み合わせてあります。このキャスターは直径が約100mmでシェルフを自在に移動させることができリビングのスペースをフレキシブルに拡大縮小することができます。キャスターにはストッパーもついてるので決めた位置に固定してお使いいただくことも可能です。。

リビングの壁一面の本棚 キャスター付き本棚

寝室に置かれた本棚

リビングに繋がる寝室にも「Shelf 壁一面の本棚 奥行350mm」を置かれています。この本棚も、天井までの空間に大量の蔵書が満載された状態になっています。それぞれのスリーブに収められた全集のシリーズが幾重にも並んでいるため、セルの色調が揃って整然とした印象すら生まれています。本が隙間なく並ぶ棚の手前に、ちょっとしたスペースが開いています。蔵書が確実に手に取られ、再び置かれている、その動きの波動の余韻がそこに残っているかのようです。

寝室に置かれた壁一面の本棚
寝室に置かれた壁一面の本棚

書籍とは、一冊を取り出すとそれを片手で持つことのできるほどの比較的小型なサイズの「モノ」ですが、集合体となると、独特の重厚な存在感を示します。書籍に内包されている情報量もさることながら、作品として仕上げるために注ぎ込まれた多くの時間と思考のエネルギーや出版刊行に関わる多くの人々の働きまでもが相まってその存在感が生まれてきます。そうした濃密なパワーを持つ大量の蔵書を収める本棚であるマルゲリータの本棚は「グリッド線で区切られた景観」を提示しています。

本件の室内では、書斎にもリビングにも寝室にも本棚が置かれ、そこに満載となった圧倒的な量の書籍の景観が視界いっぱいに広がっています。そして、そんな室内で壁面の上に浮かび上がるのは、本棚の見付のハイライトが形成する細いグリッド線と、本棚の四隅に配されたブレース材の描く斜めの放射線です。それらは、蔵書の背表紙と小口の作る濃密な色面に軽やかなリズムと安定感をもたらします。思念が自在に進展していくための道筋を示す、さりげない補助線のような働きが出来ていれば幸いです。


この事例と関連するプロダクト

Shelfシリーズ / 壁面を天井やまで最大限に活用できる壁一面の本棚。専用の収納ボックスもある組み立て式。

Shelfシリーズ

壁面を天井やまで最大限に活用できる壁一面の本棚。専用の収納ボックスもある組み立て式。

マルゲリータお客様使用例をYouTubeでもご紹介しています。