FILE 391

A5判のコミック本を大量に収納 壁一面のA5判本棚 奥行180mm / Shelf

都内のマンションにお住いのお客様のマルゲリータ使用例です。広いリビングダイニングの一面に「Shelf 壁一面のA5判本棚 奥行180mm」を設置いただきました。この本棚は奥行が180mmです。そのため部屋全体から見るとその薄さゆえに面積の割には本棚そのものの存在感は控えめ。綺麗に並べられた全集のコミック本や単行本の背表紙が整然と並ぶ姿が印象的です。

A5判のコミック本を大量に収納

コミック全集大人買い

幼い頃のコミック本を買うということと今の金銭感覚には大きな違いがあります。当時は全集をまとめて買うなんて考えもしなかったけれど、今では簡単にできることに気づいた方も多いと思はれます。昔、連載の途中から読み始めたけれど、どこから入ったらいいのかわからなかったり、熱狂した昔の自分をもう一度体験したいという理由から、コミック本の全集をまとめて買う「大人買い」が静かなブームになっています。

コミック全集の良さは、単冊だと色も形もバラバラに見えるものが、全集で並ぶと背表紙が連なって統一感が生まれる点です。こうなると、コミック本の表装デザインは、全集として並んだ時の見え方を意識しているのではないかと思えます。

コミック本全集を考える際、その対極にあるのが電子書籍です。ここでは、電子書籍による全巻まとめ買いと、紙のコミック全集を揃える場合の長所と短所について考えました。特に、本棚に並べた時の見栄えを念頭に置いています。

A5判のコミック本を大量に収納

手元に残る

電子書籍は、不具合が発生した際にデータが消える可能性があります。不具合とまではいかなくても、機種変更などでデータをうまく引き継げないケースも少なくありません。一方で、紙の本は手元に残り続けます。紙のコミック全集を持っていると、ますます愛着が湧くこともあります。また、他人に貸して共有することができ、場所がなくなれば売ることもできます。電子書籍は共有もできず、売ることもできません。

A5判のコミック本を大量に収納
読書に集中できる

電子書籍では、操作ミスでアプリやページを閉じてしまったり、Wi-Fiの電波が弱くて画面が進まなくなることがあります。一方、紙の本ならこうした問題はなく、読むことに集中できます。紙の本はメールや電話、SNSなどの通知が来ないため、他のことに気を取られることなく、読書を中断せずに集中して進められます。

A5判のコミック本を大量に収納

装丁デザインの魅力

コミック全集が揃うと、背表紙が一列に並んで一つの絵になることがあります。これは本棚を充実させる魅力の一つであり、こうしたシリーズが増えていくことは楽しみの一つです。特に限定版の紙の本は、独特の質感があります。また、表紙や帯が美しい場合は、本棚に飾ることでインテリアとしても楽しめます。紙の本は部屋に置いてあるだけで良い刺激となり、特に新作は特別感があります。

熱心な読者の中には、コレクションしたい作品を電子書籍でも購入し、紙の本でも保管している人がいます。読むときは電子書籍が便利ですが、コレクションとして紙の本も持っているのです。本当に心に響いた作品や、後世に残したい作品は、電子書籍とは別に紙の本として保管するそうです。


この事例と関連するプロダクト

Shelfシリーズ / 壁面を天井やまで最大限に活用できる壁一面の本棚。専用の収納ボックスもある組み立て式。

Shelfシリーズ

壁面を天井やまで最大限に活用できる壁一面の本棚。専用の収納ボックスもある組み立て式。

マルゲリータお客様使用例をYouTubeでもご紹介しています。