File 593

勾配天井の下に 壁一面の本棚 奥行250mm / Shelf

勾配天井の下に 壁一面の本棚 奥行250mm Shelf マルゲリータ使用事例

都内のマンションにお住いのお客様です。
最上階にお住いなのでその屋根の形状がそのまま室内に船底天井として表れています。その天井と壁面の仕切りとなる梁下に「壁一面の本棚 奥行250mm」が収められています。白い壁と天井で構成される幾何学的な形状の室内にあってそこだけうっすらと色彩が浮かび上がるとても綺麗なインテリアになっています。

勾配天井の下に 壁一面の本棚

最上階を活用する

マンション最上階で屋根が切り妻型、片流れ型になっている建物の場合、その最上階は勾配天井になっているケースが殆どです。場合によっては特に公団の仕様の場合、構造的および断熱性能を確保するために下の階同様に一度スラブ(※)を渡してその上に意匠的に屋根をかけるケースもありますが最近ではその殆どは屋根の形を室内に反映させるデザインになっています。ここに唯一無二の勾配天井という上部に抜ける気持ちのいい空間が現れます。
(※)コンクリート製の床板

マンション最上階勾配天井の下に
勾配天井の下に 壁一面の本棚

このお客様の場合は梁により一度仕切られ一段窪んだ箇所があります。その梁下に壁面収納を置くことにより本棚そのものが壁面に馴染みさらにそこに面する開口部が目一杯立ち上がっているため眺望とリビングダイニングの見晴らしが良くなり非常に気持ちのいいダイニングとなっています。

壁一面の本棚 奥行250mm
勾配天井の下に 壁一面の本棚 奥行250mm Shelf マルゲリータ使用事例
壁一面の本棚 奥行250mm
壁一面の本棚 奥行250mm
壁一面の本棚 奥行250mm
壁一面の本棚 奥行250mm
換気口をかわす
キッチンから見る

キッチンからの視界も勾配天井のその勾配が作用して実際よりも遠くに開口部が見通せるメリットもあります。

リビングから見返す

リビングから見返す

一方でこの勾配天井に沿ったダイニングの反対側はリビングになっています。リビングからダイニングを通して壁面収納に向かうときその上空が高く抜けているので気持ちのいい空間になります。最上階の物件メリットを最大限に活かした清楚な使い方です。

リビングダイニング 壁一面の本棚 奥行250mm

この事例と関連するプロダクト

Shelfシリーズ

Shelfシリーズ

壁面を天井まで最大限に活用できるシンプルで丈夫な壁一面の本棚。エコ素材を採用しDIYと比較しても遜色のないコストパフォーマンスを実現しています。

マルゲリータお客様使用例をYouTubeでもご紹介しています。

▼ 主なプロダクトを用途別にご覧いただけます