File 645

階段状の壁面収納 Shelf デスク付き本棚

階段状の壁面収納 – Shelf デスク付き本棚 – マルゲリータ使用事例

都内の高層マンションにお住いのお客様です。そのリビングに「Shelf デスク付き本棚」をオーダー加工した階段状の壁面収納を設置いただきました。

部屋が広いため、壁面収納をその一部に置いた場合、意外と存在感がありすぎると考え、それを解消するために段状に加工されています。

階段状の壁面収納
階段状の壁面収納
階段状の壁面収納 デスク付き本棚
階段状の壁面収納 デスク付き本棚
階段状の壁面収納 デスク付き本棚
階段箪笥 壁面収納
階段箪笥 壁面収納
階段箪笥 下垂植物を飾る
階段箪笥 壁面収納 上方文化

階段箪笥

「階段箪笥」とは江戸時代の初め、関西を中心とした狭い町屋に登場したのが最初で、その階段状の形状からその様に呼ばれるようになった箪笥のことです。箱箪笥とも呼ばれています。階段であり収納家具でもあったわけでややもするとデッドスペースになりがちな階段の下の空間を有効利用して引き出しや棚を取り付けたものです。階段の下部分をそのグリッドに沿って細かく分け、引き出しを中心とした収納を設けてその空間を隅まで隈なく使う事を目的としています。

階段下に直接造りつけるものや、移動ができるものも見られます。中でも移動式の階段箪笥は、階段として人が上がり下りするものなので堅牢で重厚な造作が施され、さらにその補強のため角には精巧な金具がはめ込まれているものもあり、随所に箪笥職人のこだわりと心意気が偲ばれます。また、当時は金庫の役目を担うものもあり、知っている人にしか引き出しが開けられない「からくり仕掛け」が組み込まれた面白いものまであります。この極めて日本的な空間の有効利用、精緻な職人技術が詰め込まれた階段箪笥はいつの間にかそのシルエットが上方文化の一つの形として日本人の気持ちの中に植え付けられていったかに見えます。このような道具としての機能性と造形美が、現代のインテリアとしても重宝されています。

現代の階段箪笥

本件の壁面収納棚は階段箪笥ではありません。階段として上ることも出来ないし、そもそも上階はありません。しかし階段箪笥として長く日本人に親しまれてきたそのシルエットのメタファーは、広い部屋の隅にありながらも圧迫感を与えずどこか優美で控えめな空気を醸し出してくれます。

階段箪笥 壁面収納

リビング全体はL字型の平面形をとります。そのL字のそれぞれの辺が伸びた先が壁面収納の置かれたスペースと大型TVとソファの置かれたスペースです。階段箪笥状の壁面収納はワークデスクを伴ってその一角を占めます。

階段箪笥 壁面収納

この事例と関連するプロダクト

Shelfシリーズ

Shelfシリーズ

壁面を天井まで最大限に活用できるシンプルで丈夫な壁一面の本棚。エコ素材を採用しDIYと比較しても遜色のないコストパフォーマンスを実現しています。

マルゲリータお客様使用例をYouTubeでもご紹介しています。

▼ 主なプロダクトを用途別にご覧いただけます