File 644

書斎を兼ねた寝室の壁面収納 Shelf 壁一面の本棚 奥行250

書斎を兼ねた寝室の壁面収納 – Shelf 壁一面のA5判本棚 奥行180 – マルゲリータ使用事例

都内のマンションにお住いのお客様です。ご主人の書斎を兼ねた寝室の壁一面に「Shelf 壁一面の本棚 奥行250mm」を設置いただきました。横5コマタイプと横4コマでそれぞれに

天板を付けたオーダー加工品を連続してお使いいただいています。

本棚の2段目の棚板に合わせる形で、ダイニングテーブルを置かれ、ゆったりとした書斎としてのワークスペースを確保されています。ダイニングテーブルを仕事机で使う場合は、何と言ってもその机上面積が広いため、PCの作業はもちろんのこと、書類を広げたり、異なる仕事の資料を開いたり、と余裕のあるビジネス環境が作れます。

書斎を兼ねた寝室の壁面収納
書斎を兼ねた寝室の壁面収納

書斎レイアウト

また、デスクに座る向きが部屋で一番広い開口部に向いている点もこの書斎を心地よい空間にしています。開口部に向かい逆光になっても、モニターで影になりそのモニター面は輝度が高いので、作業環境としては気持ちのいい空間です。そう考えると、この本棚の位置、ワークデスクの位置、開口部から一番引いた場所にあるベッドの位置、これらは何気なく存在しながらも書斎レイアウトとして最も最適解に近づいた構成ではないかと思えます。

書斎を兼ねた寝室の壁面収納
書斎を兼ねた寝室の壁面収納
書斎を兼ねた寝室の壁面収納
書斎を兼ねた寝室の壁面収納
書斎を兼ねた寝室の壁面収納
書斎を兼ねた寝室の壁面収納 本棚の中の棚

本棚の中の棚

書籍は「本棚の中の棚」をお使いいただいています。大きな本や文庫本、コミック本が混在する場合本棚の中の棚を使うと後ろにある本の背表紙も見えるため前後に効率よく配置できます。本棚の中の棚のメリットは下記になります。

様々なサイズの本に対応

奥行350mmと奥行250mmの本棚のセルに入れる棚板です。コの字型をしていて奥の本の位置を持ち上げることにより手前に本が置いてあってもその背表紙が見える仕組みのものです。2列と3列があり、様々な本のサイズに対応しているので蔵書の種類を問わずに収めることが出来ます。またCD用に用意した専用棚もあります。

後ろにある本の背表紙が見える

コの字型の台は4種類あり様々な組み合わせが出来ます。最大3列並べることにより文庫本であれば奥にある本の背表紙が確認できます。手前の本を出さないと奥の本は取り出しにくいという難点はありますが、奥に何の本があるかの確認はできます。

セルの容積を最大限活用できる

奥行250mmの本棚であればA4サイズの本がちょうど入りそれを並べることによりセルはほぼ充填出来ます。しかしそこに文庫本を置こうとすると上部も前面も殆ど空隙となり収納のボリュームとしては

効率の悪い並べ方になります。本棚の中の棚を使う事でセルの容積の最大2/3まで活用出来るため空隙を十分に使うことが可能になります。

書斎レイアウトと壁面収納
書斎を兼ねた寝室の壁面収納
書斎を兼ねた寝室の壁面収納
書斎を兼ねた寝室の壁面収納

この事例と関連するプロダクト

Shelfシリーズ

Shelfシリーズ

壁面を天井まで最大限に活用できるシンプルで丈夫な壁一面の本棚。エコ素材を採用しDIYと比較しても遜色のないコストパフォーマンスを実現しています。

マルゲリータお客様使用例をYouTubeでもご紹介しています。

▼ 主なプロダクトを用途別にご覧いただけます