大学建築学科の研究室に | 壁一面の本棚 奥行350mm / Shelf (No.120) | マルゲリータ使用例

大学建築学科の研究室に

「明治大学理工学部建築学科 建築計画・設計研究室(田中友章研究室)」様に「Shelf 壁一面の本棚 奥行350mm」を設置いただきました。

ここでは上方に積み重ねその最上段の縦材と予め天井に設置した表面下地材とをL型金物で連結し背の高い本棚を間仕切りとしてご利用いただいてる事例です。
間仕切りの手前側は既存の本棚とミーティングが出来るような広い机が置かれていて、間仕切りを挟んだ向こう側には教授の執務スペースがあります。背板のない本棚なので間仕切としての本棚を通しても外光が差し込む研究室らしいアカデミックな姿になっています。
大学建築学科の研究室に | 壁一面の本棚 奥行350mm / Shelf (No.120) | マルゲリータ使用例

大学建築学科の研究室に | 壁一面の本棚 奥行350mm / Shelf (No.120) | マルゲリータ使用例

大学建築学科の研究室に | 壁一面の本棚 奥行350mm / Shelf (No.120) | マルゲリータ使用例

大学建築学科の研究室に | 壁一面の本棚 奥行350mm / Shelf (No.120) | マルゲリータ使用例

大学建築学科の研究室に | 壁一面の本棚 奥行350mm / Shelf (No.120) | マルゲリータ使用例

大学建築学科の研究室に | 壁一面の本棚 奥行350mm / Shelf (No.120) | マルゲリータ使用例

3m以上ある天井に対して予め設置された下地板と縦材を固定している箇所のディテールです。両側2箇所と中央2箇所をそれぞれ固定して前後左右への動きを押さえています。荷重は床面にかかっているので水平応力がかかった際のモーメントは最も有利な位置と言えます。
大学建築学科の研究室に | 壁一面の本棚 奥行350mm / Shelf (No.120) | マルゲリータ使用例

大学建築学科の研究室に | 壁一面の本棚 奥行350mm / Shelf (No.120) | マルゲリータ使用例

大学建築学科の研究室に | 壁一面の本棚 奥行350mm / Shelf (No.120) | マルゲリータ使用例

大学建築学科の研究室に | 壁一面の本棚 奥行350mm / Shelf (No.120) | マルゲリータ使用例

大学建築学科の研究室に | 壁一面の本棚 奥行350mm / Shelf (No.120) | マルゲリータ使用例

大学建築学科の研究室に | 壁一面の本棚 奥行350mm / Shelf (No.120) | マルゲリータ使用例
▲既存の書架(水色)に対して天井までの本棚を置くことを検討。図中の写真は本棚設置前の研究室の室内。

大学建築学科の研究室に | 壁一面の本棚 奥行350mm / Shelf (No.120) | マルゲリータ使用例
▲天井までは届かないため二段積みにすることを検討。

大学建築学科の研究室に | 壁一面の本棚 奥行350mm / Shelf (No.120) | マルゲリータ使用例
▲上下それぞれの本棚のサイズを最終確認。