新宿区にあるデザイン事務所にShelfシリーズ「壁一面の本棚 奥行250mm」を設置いただきました。

計3台(内1台は「壁一面の本棚 奥行350mm」)の本棚を作業スペースの間仕切りとしてお使いになっておられます。

転倒防止策として、本棚の片面を壁に固定されています。

背板がないオープン棚なので、圧迫感がなく、空間を穏やかに仕切られています。

作業スペースと通路は、これも圧迫感のないパーティションで仕切り、効率のよい作業空間で仕事をされています。

→ 壁一面の本棚 奥行250mm/Shelfシリーズの詳細はこちら