FILE 628

アクセントウォールを背景に Shelf 壁一面の本棚 奥行350mm

File 628 アクセントウォールを背景に – Shelf ロータイプ本棚 – マルゲリータ使用事例

神戸市にある「株式会社 玄海」様の本社です。最上階にあるペントハウスのオフィスに横4コマにオーダー加工して背板を付けた「Shelf 壁一面の本棚 奥行350mm」を設置いただきました。

アクセントウォールを背景にした壁面収納

アクセントウォール

このオフィスでは、一面の壁だけ色を変えるアクセントウォールという手法が採用されています。これは最近の住宅やホテルで流行している居室のデザイン手法の一つです。本件では、玄関入口から続くダークグレイの壁紙を背景に、本棚が配置されています。この本棚は一部に背板があるため、その背板部分以外の場所が本棚を通して見え隠れし、アクセントウォールとして機能しています。

しかし、ここでは本棚が配置されていることで、アクセントウォールそのものが直接は認識しにくくなっています。そこで、本棚の正面に向かって左側、本棚の開口部の下部、そして背板のない本棚のセルの中の本の隙間からわずかに露出した部分が、アクセントウォールとしての役割を担っています。これらの部分が寄り集まり、さりげなく壁の構成を表現しているため、非常に繊細ながらバランスの良い壁面が結果的に形成されています。見え隠れするアクセントウォールの存在が、構成主義的なデザイン要素として感じられるほどです。

アクセントウォールを背景にした壁面収納

一部背板仕様に

本件では四隅にブレース板を入れる代わりに1列の上部3コマを背板仕様にしています。これによって本棚全体の水平方向の剛性を高めセルを有効にお使いいただいています。一方で背板仕様にした部分のセルには後述する専用カセットが入らないためその部分は避ける形になります。

見せる収納と見せない収納

見せる収納と見せない収納

本件では「奥行350mm専用カセット」を多数ご活用いただいています。「A4書類用引き出し4段」、「A4書類用引き出し2段」、「CD収納引き出し」、「引き出しファイルボックス1列」、「引き出しファイルボックス2列」、「引き出しファイルボックス4列」をそれぞれご利用いただき見せない収納として使い道の選択肢を増やしておられます。ややもすると雑多になりがちなオフィスでの生活用品、小物、文具等を収納して見せる収納との棲み分けを一台で完結しています。

左端でセルの幅と専用カセットの間に隙間があるのはこの列だけ幅を調整して20mmほど大きくしたことに起因しています。

アクセントウォールを背景にした壁面収納
本棚の一部を背板仕様にする
アクセントウォールを背景にした壁面収納
アクセントウォールを背景にした壁面収納
アクセントウォールを背景にした見せる収納、見せない収納
アクセントウォールを背景にした壁面収納、見せる収納、見せない収納
アクセントウォールを背景にした壁面収納

この事例と関連するプロダクト

Shelfシリーズ / 壁面を天井やまで最大限に活用できる壁一面の本棚。専用の収納ボックスもある組み立て式。

Shelfシリーズ

壁面を天井まで最大限に活用できる壁一面の本棚。専用の収納ボックスもある組み立て式。

マルゲリータお客様使用例をYouTubeでもご紹介しています。