File 641

高さ違いをL字型に配置する Shelf 壁一面の本棚 奥行350

高さ違いをL字型に配置する – Shelf 壁一面の本棚 奥行350 – マルゲリータ使用事例

都内の高層マンションにお住いのお客様です。
角部屋の明るいリビングルームの開口部はそのままL字型で外部に続きます。部屋自体は雁行する形でそのままご夫婦のそれぞれの仕事部屋と本棚の置かれているダイニングスペースに繋がります。

高さ違いをL字型に配置する – Shelf 壁一面の本棚

本棚は「Shelf 壁一面の本棚 奥行350mm」をベースに加工したものがコーナーを挟んで直角に2台並びます。その2台は高さを変えてあり片方は高さ2400mm、もう一方は1800mmで構成されています。低い方の本棚は上部にエアコンがあるためそれを避ける形になっていますが、本棚全体を下げ、更にそこに壁掛け時計を置くことで肩の力を抜いたクールなデザインで構成されています。

高さ違いをL字型に配置する
高さ違いをL字型に配置する – Shelf 壁一面の本棚
リビングのコーナーに置かれた本棚

2台の本棚の連結部は、コーナー役物を使いセル同志が隣り合う箇所、相手方にセルが無い箇所もそのまま右奥までセルのスペースを伸ばしています。低い方の本棚に宛がう箇所が本棚自体の壁にもなるので、ビジュアル的な安定感があります。

また高い方の本棚はコンセント、スイッチ、インターフォン親機が来る位置のセルを2コマ分あるいは1.5コマ分あけて、そのまま使用に差支えない様にされています。セル自体が大きくなるので仕様上は全く問題はないのですが、それよりもセルのサイズにリズムを付けた表面の構成そのものが目を引きます。

高さ違いをL字型に配置するリビングのコーナーに置かれた本棚
L字型に配置する – Shelf 壁一面の本棚
高さ違いをL字型に配置する
インターフォンを避ける
インターフォンを避ける

見せる収納とコーナー連結部

コーナー部はコーナー役物を用いてデッドスペースとなる空間を作らず、奥にものを収納できる形になっています。これは、特に壁面収納として見せる収納を実行されている場合、書籍やオブジェクトをアレンジしながらもどうしてもその場からは少し隠していたいものが出てきます。その際の緊急避難先としてのスペースとして有効に作用します。いずれにしても、空間を有効に使い、同時にその姿もそのままに保つツールです。

部屋の入隅に合わせてL字型に配置された壁面収納の前には、ダイニングテーブルが置かれイームズチェアのパッチワーク柄が並びます。

高さ違いをL字型に配置する

この事例と関連するプロダクト

Shelfシリーズ

Shelfシリーズ

壁面を天井まで最大限に活用できるシンプルで丈夫な壁一面の本棚。エコ素材を採用しDIYと比較しても遜色のないコストパフォーマンスを実現しています。

マルゲリータお客様使用例をYouTubeでもご紹介しています。

▼ 主なプロダクトを用途別にご覧いただけます