新宿区のマンションにお住まいのお客様事例です。
「Shelf カウンター付き本棚」と「Shelf 壁一面の本棚 奥行350mm ロータイプ」を2台並べてリビングダイニングでご使用いただいてます。

ロータイプの本棚はそのままテレビ台として、反対側にあるソファーとローテーブルをはさんで対になります。

カウンター付き本棚はご夫婦それぞれのスペースで仕切り、お仕事の本とPCを使ったワークスペースとしてお使いです。

ここでカウンター付き本棚で独自の使い方をされている点をご紹介します。

・Macのサンダーボルトディスプレイ(27インチ)の背面部分およびHDを本棚側にしまい込みディスプレイ面が本棚の前面ぎりぎりのところに置かれデスクトップが広く使いやすい形になっています。
ディスプレイの前面が広いためBluetoothのキーボードを使い不自由なく作業をされている風に見受けられました。

・もう一点はブレースがあるセルに照明を置かれている点。一般の正方形のセルでなく三角のややもするとデッドスペースになりかねないスペースをその箇所から発光させているため独特な雰囲気を醸し出しています。

本棚を核に部屋の収納はすべてそこにコンパクトに集約されているため空間が広く感じられました。

→ カウンター付き本棚/Shelf 詳細へ
→ 壁一面の本棚 奥行350 ロータイプ/Shelf 詳細へ