FILE 701

家族4人のワークスペース Shelf デスク付き本棚

家族の学習部屋の本棚 - Shelf デスク付き本棚 - マルゲリータお客様事例

都内のマンションにお住いのお客様です。その可動間仕切りでリビングに隣接する部屋に新しくご家族の「学習部屋」として「Shelf カウンター付き本棚」と「Shelf デスク付き本棚」の2台を設置頂きました。

本棚を設置頂く以前は既製の書棚が2台、ご主人と奥様の作業スペース、お嬢さんの電子ドラムセットが主に置かれていました。設置後は既製の書棚は1台に減らし、収納物は新しい本棚に、電子ドラムセットはその場所を変えて奥の方に、二人のお子さんの勉強机をカウンター付き本棚に、ご主人と奥様の作業スペースをデスク付き本棚に、更に電子ピアノを新たに加えるといった、モノが増えながらも使い勝手はコンパクトに凝縮された空間が形成されました。

本棚導入前(ビフォー)と導入後(アフター)の様子をスライドショーでご覧ください。

Before
Before
After
After
Before
Before
After
After
Before
Before
After
After

リビングから向かって右側の本棚は「Shelf デスク付き本棚」の4コマ分を大きくあけ、電子ピアノを入る開口に、左側にはワークスペース用のデスクの天板がその本棚から伸びる形で構成されています。電子ピアノが入る開口部分は、幅4コマ×縦4コマの大きな開口でその補強材として上部に桁材を3本が入れられ、電子ピアノで隠れていますが背後に補強板を設けることで成立させています。

家族の学習部屋の本棚 - Shelf デスク付き本棚 - マルゲリータお客様事例
家族の学習部屋の本棚 - Shelf デスク付き本棚 - マルゲリータお客様事例

桁材の間にはLEDのライトが取付られ、光源は直下の鍵盤を照らし、夜間部屋の照明を消してこのライトだけを点燈するとまるでスポットライトが当たっているかの緊張した空間に変わります。テンションの上がる瞬間です。

家族の学習部屋の本棚 - Shelf デスク付き本棚 - マルゲリータお客様事例

伸長されたデスク部分はご夫婦共用のワークスペースです。その広いデスク面には大型のモニター、右のセルには書類収納用に「A4書類収納引き出し4段」が置かれています。本棚をL型に配置するとコーナー部分にデッドスペースが生じるため、デスクをコーナー部分に置きその前面を窓に合わせて開放しその空間を有効に活用されています。「Shelf カウンター付き本棚」と「Shelf デスク付き本棚」をこうした形で連続させてL字型に配置するケースは初めての試みです。カウンター付き本棚の奥行とデスク部分の奥行のサイズが異なるため伸長されたデスク部分の奥行をカウンター付き本棚の奥行に合わせて同一面になる様に加工しています。さらに設置面の幅を正確に計測頂いていたので、そのデスクの幅はカウンター付き本棚の幅と合わせて壁面一杯を有効に使うサイズまで伸長され、それが組み合わさった姿は一体型であるかのように見えます。

家族の学習部屋の本棚 - Shelf デスク付き本棚 - マルゲリータお客様事例
家族の学習部屋の本棚 - Shelf デスク付き本棚 - マルゲリータお客様事例
家族の学習部屋の本棚 - Shelf デスク付き本棚 - マルゲリータお客様事例

Shelf カウンター付き本棚」は二人のお子様の勉強机としてお使いいただいています。その本棚は幅6コマの構成でデスク下の中央の補強板が境目になりそれぞれの領域を切り分けます。開口部分は作業スペースを広く使うためではなく、そこにはデスクライトとお子さんの好きなもので飾られた見せる収納として機能します。机の部分だけでも奥行サイズは450㎜のため、その広さは十分です。PCやタブレットを使った学習が進む中、将来はそこを作業スペースにしてさらに広く使うこともできるので大人になっても長くご利用いただけます。このお子さんの勉強スペース、ご夫婦のワークスペースに並んで、壁面に向かって勉強、仕事をするその姿はまさにご家族の「学習部屋」です。

家族の学習部屋の本棚 - Shelf デスク付き本棚 - マルゲリータお客様事例
家族の学習部屋の本棚 - Shelf デスク付き本棚 - マルゲリータお客様事例

見せない収納

書類や小物類の収納に専用アクセサリーの「A4収納の引き出し」、「CD収納の引き出し」が見せない収納として使用されています。同じように上部にも見せない収納でIKEAの白いボックスがいいサイズで収まります。

家族の学習部屋の本棚 - Shelf デスク付き本棚 - マルゲリータお客様事例


ピアノの上の右側のセルは通常よりも大きく開けられ幅325㎜では収まらないものが収納されています。開口部を設けた部分の上部はその重量とスパンから桁材を入れて構造的に補強する必要があります。この様に4コマ分のスパンを支える補強として桁材を通常より1本追加し更にその桁の成(せい)を増すことにより強度を確保し、上方の荷重を支えます。また同時にその荷重を下方に伝達する側板の厚みを通常の15㎜から24㎜に増幅することで構造的なバランスを保っています。

家族の学習部屋の本棚 - Shelf デスク付き本棚 - マルゲリータお客様事例

この事例と関連するプロダクト

Shelfシリーズ / 壁面を天井やまで最大限に活用できる壁一面の本棚。専用の収納ボックスもある組み立て式。

Shelfシリーズ

壁面を天井やまで最大限に活用できる壁一面の本棚。専用の収納ボックスもある組み立て式。

マルゲリータお客様使用例をYouTubeでもご紹介しています。