スタンディングデスク

SERIES

30

スタンディングデスク(Standing Desk)は、座って作業する代わりに立って作業するためのデスクのことを指します。これは従来の座りながらのデスクとは異なり、作業中に立ったまま仕事をすることができるデスクの形態です。スタンディングデスクは、健康への良い影響や作業効率の向上などが期待され、オフィス環境やホームオフィスで広く利用されています。

スタンディングデスクとは

スタンディングデスクの主な特徴や利点には以下の点があります。

長時間の座りっぱなしは健康に悪影響を与えるとされています。スタンディングデスクを使用することで、腰痛や肩こりの軽減、姿勢の改善、血行の促進などが期待されます。またスタンディングデスクを使うことで、一定のエネルギーが保たれ、眠気を感じにくいとされています。立っていることで血流が良くなり、集中力や生産性が向上する可能性があります。

次に通風、換気の制限です。窓は通気を提供し、室内の新鮮な空気の循環を助けます。窓を塞ぐことで、室内の換気が悪化し、湿度や空気の流れに支障が生じます。これは建築基準法で定められている採光面積、換気面積の必要数量とあながち無関係ではありません。法律では長年の経験値を元にある程度の幅を持ちながらそこに必要最低限の生活で必要な数値を出しています。従ってその必要最低限の基準をクリアして建てられた建物のその開口面積を閉じてしまうのは自ずと良くない方向に向かってしまうのは自明です。

多くのスタンディングデスクは高さが調整可能で、ユーザーが快適な高さに調整できます。これにより、異なるユーザーや異なる作業スタイルに適した設定が可能です。
立ったまま作業することで、デスク周りを歩きながらの作業ができるなど、柔軟な動きができるようになります。ただし、立っての作業が全てのユーザーにとって適しているわけではないため、適度な休憩や座る時間も確保することが重要です。また、スタンディングデスクの使用にあたっては、適切な靴やマットなどのアクセサリーも考慮することが重要です。

スタンディングデスクの普及

【File 722 フィギュアに囲まれて オフィス編 - Shelf 壁一面の本棚 - マルゲリータお客様事例

スタンディングデスクの普及は、健康に対する意識の高まりやオフィス環境の改善へのニーズの増加により、急速に進んでいます。将来性に関しても、いくつかの要因から期待されています。一般の人々や企業は、座りっぱなしの生活が引き起こす健康問題に対する意識が高まっています。スタンディングデスクは、腰痛や姿勢の悪化などを軽減するための手段として注目されており、その需要が今後も続く可能性があります。

オフィス環境の改善

オフィス環境においても、労働者の健康と生産性向上が重要視されています。企業は従業員の働きやすい環境づくりに注力し、スタンディングデスクがその一環として採用されることが増えています。スタンディングデスクのテクノロジーも進化しており、電動昇降機能や記録・通知機能などが搭載されています。これにより、ユーザーがより快適かつ健康的に利用できるようになり、その魅力が向上しています。近年、フレキシブルな働き方が求められており、スタンディングデスクは柔軟性のあるオフィス環境をサポートする一環として位置づけられています。ホームオフィス環境での利用も増加しています。

ただし、スタンディングデスクの利用には適応期間やバランスの取り方などがあり、全ての人にとって適しているわけではありません。将来的な発展においては、ユーザーの健康や快適性に対する認識や理解が深まり、それに基づいたより良いデザインや機能が加えられる可能性があります。

在宅ワークにおいてスタンディングデスク

【File 775】2台の本棚をブリッジで繋ぐ - Shelf 壁一面の本棚 奥行350mm - マルゲリータお客様事例

在宅ワークにおいてスタンディングデスクを導入することにはさまざまなメリットがあります。スタンディングデスクを使用することで、長時間の座りっぱなしを防ぎ、腰痛や肩こり、姿勢の悪化などの健康問題の軽減が期待されます。また、立っていることにより血行が良くなり、エネルギーの向上や生産性の向上が期待されます。またスタンディングデスクを使用することで、新陳代謝が促進され、脳への酸素供給が増えるとされています。これが集中力やクリエイティビティの向上に寄与すると考えられています。

スタンディングデスクを使うことで、座りっぱなしの疲労が軽減され、作業中のリフレッシュ感が増します。これが作業効率を向上させ、ワークフローの改善につながることが期待されます。スタンディングデスクは高さ調節ができるものが多く、立ったり座ったりといった姿勢の変更が容易です。また、デスク周りで歩きながら作業することもでき、柔軟で自由な動きが可能です。

ワークスペースの最適化

スタンディングデスクは通常、スペースの有効活用がしやすいデザインとなっています。これにより、限られたホームオフィスのスペースを最適化し、快適な作業環境を構築できます。

在宅ワークが増加している現在、スタンディングデスクはリモートワークの環境を改善するための有力なツールとなっています。ユーザーは自分の快適な高さに調整でき、作業中に立っていることで運動不足の軽減にも寄与します。

これらのメリットは、ユーザーの健康とワークスペースの快適性を向上させ、在宅ワークの品質を向上させる要素となります。

本棚に繋げられるスタンディングデスク

File 616 イラストレーターの自宅兼作業場 – Shelf 壁一面の本棚 奥行350mm – マルゲリータ使用事例

本棚に繋げられるスタンディングデスクは、一般的にウォールマウント型スタンディングデスクや折りたたみ式のスタンディングデスクなどが該当する可能性があります。これらのデスクは、壁や本棚に取り付けることで、スペースの有効活用やユーザーの好みに合わせた配置が可能です。

ウォールマウント型スタンディングデスク

壁に取り付けることで、デスクが床面積を占有せずに設置できます。
高さ調節可能なものが多く、使うときにはスタンディングデスクとして使用し、使わないときには壁に収納できるものもあります。

折りたたみ式のスタンディングデスク

コンパクトに折りたたむことができ、収納時には壁や本棚に接続できるデスクです。使うときには簡単に広げてスタンディングデスクとして使用できます。

ブックシェルフ型スタンディングデスク

本や小物を収納できる棚や本棚が付いているスタンディングデスクもあります。これらのデスクは、スタンディングデスクとしての機能と、収納スペースとしての機能を兼ね備えています。

これらのデスクは通常、狭いスペースやホームオフィスのセットアップに適しています。購入前に、デスクのサイズや設置方法について確認し、本棚との組み合わせが適しているかを確認することが重要です。また、壁や本棚の取り付けには適切な設備が必要なので、確認してから導入することが望ましいです。

L字型デスクとしての利用

File 624 吹き抜けに面した細長い部屋に – Tavola BASE・デスクの組み合わせによる仕事基地 – マルゲリータ使用事例

L字型デスクは、2つの作業スペースが90度の角度で配置されているため、コーナー部分を活用できます。これにより、スペースを有効に利用し、複数の作業を同時に行いやすくなります。
また部屋の形状やレイアウトに合わせて異なる配置が可能です。デスクを部屋の隅に置くことで、他の家具とも調和しやすくなります。

作業効率向上

L字型デスクは通常、広々とした作業スペースを提供します。このため、複数のプロジェクトやタスクを同時に進行させたり、大きな資料やモニターを配置したりするのに適しています。また作業スペースがコーナーに配置されるため、他の人が通り過ぎる視線を避けることができます。これにより、プライバシーが向上し、集中力を維持しやすくなります。

L字型デスクのコーナー部分や引き出しなど、追加の収納スペースが付いていることがあります。文房具や書類、デバイスなどを整理整頓しやすくなります。L字型デスクは、デュアルモニターを配置するのに適しています。一方のスペースには作業用モニターを配置し、もう一方のスペースには資料やメモを表示するなど、効果的にデュアルディスプレイを利用できます。

コミュニケーションがとりやすい

L字型デスクは同じスペースで複数の人が作業する場合にも適しています。コーナー部分を中心に共同作業スペースを構築することで、コミュニケーションが取りやすくなります。

スタンディングデスクに関する実例

File484 スタンディングデスク+カウンター付き本棚

このスタンディングデスクを使用する際の主な利点は、単に立って作業することよりもむしろ、デスク上のスペースを確保できることです。カウンター部分で共有作業をする場合、デスクトップが常に無駄な物で埋まっていないことは、作業の効率とモチベーションの向上に繋がります。したがって、このコンパクトな音響機器はデスクトップから外れて、高い位置に配置され、十分な広さの作業環境を確保する役割を果たしています。


File449 スタンディングデスク+カウンター付き本棚

収納スペースとしての本棚の容量に加えて、カウンター面と直交する形で配置されたスタンディングデスクの水平面、そしてそれに合わせる様に配置されたワークチェアが特徴です。本棚が配置された壁と、出窓のある壁は直角に交わり、その壁には2層に重なるワークデスクと、それに対応するワークチェアが配置されています。様々な機能を巧みに組み合わせ、床から天井までを最大限に活用するシンプルな直線で構成されたワークスペースです。


File662 スタンディングデスク+カウンター付き本棚

リビングルームの一部を間仕切り家族のワークスペースとして利用されています。本棚の容量に加えて、カウンター面と直交する形で配置されたスタンディングデスクを配置。本棚が配置された壁と、はき出し窓のある壁は直角に交わり、その壁には2層に重なるワークデスクが配置されています。様々な機能を巧みに組み合わせ、床から天井までを最大限に活用するシンプルな直線で構成されています。


File411 スタンディングデスク付き本棚

このスタンディングデスク付き本棚は、壁面収納と立ち仕事に最適なハイデスクが一体化されたデザインです。本棚とデスクが一体となることで、デスクスペースが無駄なく効果的に活用されています。このデザインの特徴は、機能的な収納と作業スペースの一体感です。本を収納しながらも、立ち仕事やミーティングに適した高さのデスクを備えています。これにより、仕事や会議の際に必要なものが手元にあり、同時にオフィスや部屋のスペースもスマートに使えます。


File538 カウンターを一段高い位置に取り付けたスタンディングデスク

このカウンター付き本棚は、通常のものよりも1段高い位置に設置されています。これは、本が大好きなお客様のリクエストに基づいています。

ここではこの本棚を
・スタンディングデスクとして利用できること
・腰掛ける際には折り畳み椅子を脚立として使用できること
などの理由から選ばれました。

さらに、実際に使用してみると、
・カウンター下の本も簡単に出し入れできること
・カウンター下で籠って本を読むことができること
などが明らかになりました。これにより、本との共生活がより楽しくなり、理想的な空間が生まれました。