路面店

SERIES

32

多くの方々が、マルゲリータの壁一面の本棚を路面店の展示什器として活用されています。この場を借りて、その活用法をご紹介すると同時に、路面店とは一体どのような業態なのか、という点についても考察していきます。

路面店とは

【File 758】霞が関ナレッジ・交流カフェ「エキスパート倶楽部」 - Shelf 壁一面の本棚 - マルゲリータお客様事例

路面店とは、通り沿いに位置する小売店や飲食店のことを指します。日本語の「路面」は通りや道路の表面を指し、これらの店舗が通行する人や車両の目に触れやすい位置にあることを示しています。一般的には歩行者や通行車の注目を集め、集客がしやすいとされています。特にそれが通学や通勤の経路であれば、毎日のようにそこを通りながら自然と目に焼きついていくことにもつながり、そういった行動は、興味の有無に関わらず、自然と来店や購買につながることもあります。

この路面店という言葉は、近年では「通りに面した1階の店舗」という認識が広まっており、これが路面店の大きな特徴となっています。繁華街や人通りの多い場所にある路面店は、その位置から人々の視線を引きやすく、高い集客力が期待されます。これに対して、商業施設以外の建物の2階以上にある空中店舗や地下にある地下店舗は、路面店とは異なる扱いを受けています。

路面店以外の形態としては、ショッピングモール内やビル内に位置する店舗が挙げられます。通常、路面店は通りに面しているため、店の外観や看板が重要となり、通行する人々にアピールするデザインや広告は不可欠です。その特徴は、通りから直接入店しやすいことや、通行する人々に直接商品やサービスを提供できる点にあります。一方で、ショッピングモールやビル内の店舗は、他の形態と比較して異なる環境で運営されるため、その戦略や課題も異なります。

路面店を出すメリット

織り糸・編み糸の店舗什器に | 壁一面の本棚 奥行350mm / Shelf (No.117)続き  | マルゲリータ使用例 シンプル おしゃれ 部屋 インテリア レイアウト

路面店のメリット

  • 集客力が高い
    これは前述の空中店舗や地下店舗と比較して、お店の顔を通りに出しやすく、また店舗の入り口もわかりやすいため集客力が見込めやすいのが特徴です。飲食業などでは、テイクアウト型の販売も行いやすくなります。
  • お店のブランドイメージやこだわりを表現しやすい
    外観やサインだけでなく、屋外の飲食テーブルや植栽の設置など、店づくりの自由度が高いことから、お店のブランドイメージを表現しやすくなります。
  • 営業時間の規制を受けにくい
    空中店舗や地下店舗が共同の入り口を使用するのに対し、路面店は通りから直接店内に入れるため、営業時間の規制を受けにくいです。

路面店のデメリット

  • コストが高い
    集客力が高い分、費用も高くなります。毎月の賃料だけでなく、保証金や不動産仲介業者への仲介手数料などの物件取得時の初期費用も大きくなってしまいます。外装に手を入れやすい反面、その分だけ費用も高くなります。
  • 物件が出にくい
    人気のエリア、人通りの多い繁華街などでは、店舗用賃貸物件の取得が困難です。また良い立地環境の路面店で出店したい場合には時間がかかります。

空中店舗や地下店舗との違い

路面店は通りから直接入れることで、集客力は高くなります。逆に空中店舗や地下店舗は、視認牲は低く、心理的なハードルが上がるため、集客力は鈍くなります。

一般的には路面店を1とした場合2階の店舗では約0.8、3階以上の階層では0.5以下、地下1階では0.7以下と言われています。これらの数値は、物件の視認性、エレベーターやエスカレーターの有無、業態によって変わってきます。

路面店を探すにあたって

街の毛糸屋さん 鎌倉きゅっQ - Shelf 壁一面の本棚 奥行350mm - マルゲリータお客様事例

路面の人通り

所謂オフィス街でいくら多くの人が通行していても、そこに子供をターゲットとした学習塾は成立しません。人通りがいかに多くても、ターゲット層が通行していなければ、意味がありません。ターゲットとする年代、性別、所得レベル、嗜好性の人々が、想定する営業時間に多く通行しているかという要素もあります。路面店はエリア選び、立地選定が重要となります。

間口の広さ

お店となる物件の間口は、広いほど良いとされています。逆に間口が狭ければ、何のお店か判別できない可能性もあるため、注意が必要です。また狭いことが、心理的に入りにくくさせる要因にもなることから、最低でも5m、できれば10mの間口は必要です。

建物の配置による規制

建物が道路から奥にセットバックされていたり、階段や柱が出入りの障害になるなどの構造になっていた場合、店舗への入りづらさから集客力に影響が出てしまいます。特に多いのが、路面と店舗物件の入り口の間に、大きな段差があるケースです。コンビニの場合などは路面歩道との段差が1段でもあると、売上に大きな影響がでると言われています。

サインや立て看板の規制

建物イメージを重視する賃貸主によっては、サインや造作物、立て看板などの規制が強い場合があります。エリアによっても、店外への看板設置が認められないところもあるため、事前に確認しておくことも重要です。

路面店に於ける展示、ディスプレイ

路面店におけるディスプレイは、商品やサービスを引き立て、顧客の注意を引くために重要です。以下は、路面店におけるディスプレイのポイントです。ディスプレイは視覚的な魅力を持つことが必須です。商品やサービスの特徴を強調するために、鮮明で引き立つデザインや色使いも重要です。

季節やイベントに合わせた変更

季節や特定のイベントに合わせてディスプレイを変更することで、顧客の興味を引き、購買意欲を高めることができます。例えば、季節ごとのテーマやセールの告知を取り入れる、商品の展示: 商品を見やすく展示することも大事です。商品の使い方や特長を分かりやすく伝えるディスプレイを設け、顧客が商品に触れる機会を増やす努力は必要です。

インフォメーションの提供

ディスプレイには、商品の価格、特典、セール情報などの重要な情報を明確に表示することが重要です。
これにより顧客はスムーズに情報を得られ、購買の意思決定がしやすくなります。

店舗イメージとの一貫性

ディスプレイは店舗の雰囲気やイメージと一致していることが大切です。ブランドの一貫性を保ちつつ、ディスプレイを通じた独自性のある訴求も表現が必要です。

動線を考慮

ディスプレイの配置には店内の動線を考慮することが重要です。顧客が自然にディスプレイを見ることができ、商品へのアクセスがしやすいように配置しましょう。

対話を促進

ディスプレイを通じて顧客との対話を促進する要素を取り入れることで、質問や疑問に迅速に対応でき、顧客とのコミュニケーションを深めることができます。ディスプレイは路面店が持つ顧客体験やブランド認知に大きな影響を与える要素です。

路面店において「ストック」と「フロー」

路面店において「ストック」と「フロー」は、在庫管理や商品陳列の観点からも必須の事項です。

ストック(在庫)

  • 商品管理
    路面店では、適切な在庫管理が必要です。需要を予測し、十分な数量の商品を保有することで、常に顧客に対応できる状態を維持します。
  • バックストック
    店舗内には陳列されていないが、即座に補充できる「バックストック」を持つことも重要です。本来は商品陳列棚のすぐ近くにストックがあるのが理想です。これにより、品切れを防ぎ、需要に柔軟に対応できます。

フロー(流れ)

  • 陳列の工夫
    商品の陳列はフローに影響します。商品が自然な流れで配置され、顧客がスムーズに移動できる様な工夫も必要です。また、陳列が見栄えよく、商品の特長が引き立つように注意も必要です。
  • 季節やトレンドに応じた変更
    フローは季節やトレンドに合わせて柔軟に変更できるようにすることが重要です。店が売ろうとしている商品を目立つ位置に配置し、顧客の興味を引きつけることも重要です。

これらの要素を組み合わせて、効果的な在庫管理と商品陳列を行うことで、路面店は購買意欲を高め、顧客体験を向上させることができます。また、定期的な在庫の点検や売れ筋商品のモニタリングを通じて、効率的な運営を実現することが重要です。

路面店に於ける実例

File402 カレーのお店Cafe Accha


File319 音楽喫茶Buddy Buddy

File648 シェア型書店の音楽版


File334 小さな町の本屋さん ててたりと


File609 NESTデザインインテリアショップ


File258 ミニチュアハウスと和雑貨の店舗

File301 毛糸ショップアミリスさんの店舗


File515 糸類の製造販売されている株式会社シラカワ様の本社店舗


File713 街の毛糸屋さん、鎌倉きゅっQ

考察

見え方

本棚自体の構成が均一なグリッドによる構成であるため、それを正面から捉えた場合はもとより、斜めから見た場合もそのグリッドの小口が連続して独自の見え方をします。これが道路を通行する歩行者、車両に対してインパクトを与え、緩やかに目に焼きついていく姿となります。

シェア型書店の音楽版 – Shelf 壁一面の本棚 奥行350mm – マルゲリータ使用事例

飲食系はほぼLPレコード棚として

ご紹介している飲食店ではLPレコード棚をほぼ満載に近い形で使われています。お店そのものが音楽喫茶であったり、また室内のBGMとしての音源の棚としてお使いいただいています。

ストックとフロー 

ここでは展示されるものは全てフローであると考えると見せる収納はすなわち展示であり、見せない収納はストックと言えます。見せる収納と見せない収納を両立させる壁一面の本棚はその意味では非常に使いやすいツールと言えます。ストックとフローをすぐ近い場所に置けるのがマルゲリータの壁一面の本棚の大きな利点です。

街の毛糸屋さん 鎌倉きゅっQ - Shelf 壁一面の本棚 奥行350mm - マルゲリータお客様事例

「ものづくりを販売する店鋪」素材と完成品

実例のミニチュアハウスと和雑貨の店舗(File258)及び毛糸ショップアミリスさんの店舗(File301,302)、糸類の製造販売されている株式会社シラカワ様の本社店舗(File515)、街の毛糸屋さん鎌倉きゅっQ(File713)にある様に特にその素材と完成品を展示する様な店舗には特に適していると言えます。更にその完成品のサイズが320mm以下の場合は本棚のセルに丁度収まるのでディスプレイとしての高い効果があります。