アウトドアリビングで後悔しない  家具はおしゃれで雨ざらしに強いものを選ぶ

アウトドアリビングで後悔しない  家具はおしゃれで雨ざらしに強いものを選ぶ

キャンプなどのアウトドア人気が高まるなか、自宅で気軽にアウトドアを楽しめる「アウトドアリビング」が注目を集めています。
しかし、アウトドアリビングに興味はあっても、屋外に置く家具はどんなものを選べば良いのかわからないという方も多いのではないでしょうか。

そこで今回の記事では、家にアウトドアリビングがあるメリットや、アウトドアリビングを作る際の注意点、家具選びのポイントなどについて、詳しく解説します。
これから自宅でアウトドアリビングを楽しもうかとお考えの方は、ぜひ参考にしてください。

アウトドアリビングとは

アウトドアリビングとは、ウッドデッキやテラスなどをリビングの延長上に置くことで、くつろぎの空間として楽しめるようにした屋外スペースです。外側にあるリビングという意味で、「アウトサイドリビング」と呼ばれることもあります。

アウトドアリビングは、家族や友人とBBQなどを楽しんだり、子どもやペットを自由に遊ばせられたりと、さまざまなアクティビティに活用できます。
特にコロナ禍以降は、ステイホームでおうち時間が増えたこともあり、自宅で気軽にレジャー気分を楽しめるアウトドアリビングの人気が高まっています。

アウトドアリビングとは

アウトドアリビングはDIYで後付けできる?

アウトドアリビングは、自宅の庭などの屋外スペースに十分な空間さえあれば、DIYで後付けすることも可能です。
ただし、ウッドデッキなどを1からDIYで設置するのは難しく、素人工事で設置すると、床面が歪む可能性があります。

そのため、DIYに慣れていない方の場合は、無理せず専門業者に設置を依頼するとよいでしょう。

家にアウトドアリビングがあるメリット

家にアウトドアリビングがあると、さまざまなメリットが得られます。
ここでは、特に代表的な3つのメリットについて、詳細を確認していきましょう。

家にアウトドアリビングがあるメリット

出典:マルゲリータ公式サイト https://www.margherita.jp/user/file_284/

メリット① 自然を感じながら過ごせる

家にアウトドアリビングがあるメリットの1つ目は、自然を感じながら日々を過ごせるようになる点です。
特に庭のない家の場合、リビングの延長にアウトドアリビングを作ると、外とゆるやかに繋がった開放感のある間取りになります。

アウトドアリビングに屋外用のチェアやテーブルを置けば、自然を感じてリラックスできる空間になるでしょう。

メリット② 自宅でアウトドアが楽しめる

アウトドアリビングがあると、自宅で気軽にアウトドアが楽しめるというメリットも得られます。
近年、キャンプやグランピングといったアウトドアアクティビティが人気ですが、キャンプ場に行くには遠出が必要となり、テントなどの道具を持参するとなると、準備や移動に結構な負担がかかります。
その点、自宅にアウトドアリビングがあれば、生活空間の延長上で、手軽にアウトドア気分を満喫できます。

自宅の敷地内なので、焚火やBBQをしても問題なく、ハンモックなどを設置すれば、リラックスした時間を過ごせるでしょう。

メリット③ 子どもやペットを自由に遊ばせられる

家にアウトドアリビングがあるメリットとして、子どもやペットを自由に遊ばせられる点も大きいです。
アウトドアリビングは、屋内のリビングと繋がった空間なので、子どもやペットを遊ばせながら、その様子を室内から見守ることができます。

また、庭で遊ばせると外に飛び出してしまうなどのリスクがありますが、アウトドアリビングならその心配も少なく、安全に遊ばせられます。

アウトドアリビングを作るのにおすすめの場所

ここでは、自宅にアウトドアリビングを作る際におすすめの場所をご紹介します。
これからアウトドアリビングにチャレンジしてみたい方は、ぜひ参考にしてください。

おすすめ① リビングからの延長上

アウトドアリビングを作る際、最も基本となるのが、リビングからの延長上に作る方法です。
リビングから繋がる屋外部分にウッドデッキやテラスを設置する際は、床面をリビングと同じ高さにすると、出入りのしやすいアウトドアリビングに仕上がります。

また、アウトドアリビングの床材として天然芝や人工芝を敷き詰めたり、タイル張りにしたりといったアイデアもあります。
アウトドアリビングでBBQを楽しみたい場合は、シンクを設置しておくと、キッチンと行き来する手間を減らせて便利です。

アウトドアリビングを作る際、最も基本となるのが、リビングからの延長上

おすすめ② 庭

自宅に庭がある場合、庭にアウトドアリビングを作ってもよいでしょう。
室内からのアクセスは遠くなりますが、その分広いスペースを確保できるので、より本格的なアウトドアアクティビティが楽しめます。

また、タープなどを設置して簡易的な東屋のような空間を作れば、日差しを遮りつつ食事や読書などを楽しめる、居心地のよい屋外空間に仕上がります。

おすすめ③ ベランダ

アウトドアリビングは、2階などに備わったベランダに作ることもできます。
たとえば、ベランダにガーデンテーブルセットを置くだけでも、ティータイムなどを楽しめるアウトドアリビングに仕上がります。また、こだわりの植物を置いて、ガーデニングを楽しんでもよいでしょう。

ただし、マンションのベランダをアウトドアリビングにする際は、消防法に注意が必要です。
マンションのベランダは、基本的に共用部扱いになっていて、災害時には避難経路として使われます。
そのため、ガーデンテーブルなどを置いてベランダのスペースが狭くなると、消防法に違反してしまう可能性が出てきます。

しかし、ベランダの広さによっては屋外家具を設置できる場合もあるので、詳細はマンションの管理会社などに確認してみましょう。

アウトドアリビングは、2階などに備わったベランダに作ることも

おすすめ④ 屋上

自宅に屋上がある場合は、屋上をアウトドアリビング(屋上リビング)にしてもよいでしょう。

屋上は十分な広さがあり、眺望も開けているので、非日常感を味わえるアウトドアリビングが実現できます。

また、屋上は目隠しを設置しなくても、地上からの視線を遮れるので、プライバシー性を確保して開放感のある時間を過ごせるでしょう。

屋上をアウトドアリビング(屋上リビング)にしてもよい

後悔しないアウトドアリビングを作るための注意点

アウトドアリビングは非常に魅力的な空間ですが、何も気にせずに作ると、かえって後悔に繋がる可能性があるので注意が必要です。

ここでは、アウトドアリビングを作る際の具体的な注意点を、4つ厳選してご紹介します。

後悔しないアウトドアリビングを作るための注意点

出典:マルゲリータ公式サイト https://www.margherita.jp/user/file_284/

注意点① 定期的にメンテナンスをする

アウトドアリビングは屋外にあるため、定期的にメンテナンスをしなければなりません。
特に、天然木を使用したウッドデッキは、防水性を保つために、半年や1年に1回程度、防水・防腐のための塗料を塗り直す作業が必要となります。
定期的なメンテナンスを怠ると、雨による腐食やシロアリ被害により、ある日突然床が抜けるなどのトラブルに繋がりかねません。

なお、定期的なメンテナンスが難しい場合は、劣化しにくい樹脂素材(人口木材)を使用したウッドデッキなどを使用するとよいでしょう。

注意点② 目隠しを設置する

アウトドアリビングを設置する際は、プライバシーを確保するために、目隠しを設置することが重要です。
アウトドアリビングは屋外空間なので、近隣の家や道路などから丸見えになる可能性があります。
そのような状態ではリラックスできないので、塀やフェンス、シェードなどを設置して、周囲から見えないようにしましょう。

なお、子どもやペットを遊ばせる際は、万が一外に飛び出さないように、背の高いフェンスを設置しておくと安心です。

注意点③ 十分な虫対策を行う

アウトドアリビングでは、十分な虫対策を行うことも忘れないようにしましょう。
特に夏場は注意が必要で、BBQで焼く食材の匂いや人間の汗などによって、ハエや蚊などが近寄ってきやすくなります。
また、夜間は照明の光に虫が誘われ、窓を開けていると部屋の中にまで入ってくる可能性もあります。

そのため、アウトドアリビングでは蚊取り線香を焚いたり、身体に虫除けスプレーをかけたりなどして、十分な虫対策を実施しましょう。
また、虫は滞留した空気中の匂いに寄ってくることが多いです。そのため、サーキュレーターや扇風機などで空気を拡散するようにすると、虫が寄りにくい環境にできます。

注意点④ 屋外用の家具を選ぶ

アウトドアリビングでは、屋内用ではなく屋外用の家具を設置するようにしましょう。
アウトドアリビングに置く家具は、基本的には出しっぱなしで使用します。その結果、直射日光や風雨に日々晒され続けることになるので、屋内用の家具だと、短い期間で劣化し、みすぼらしい印象になってしまいます。
そのため、アウトドアリビングに置く家具は、必ず屋外での使用を想定して作られたものを選びましょう。

なお、アウトドアリビングに設置する屋外家具を選ぶうえでのポイントは、次の項目より詳しく解説します。

アウトドアリビングに設置する家具のポイント

ここでは、アウトドアリビングに設置する家具を選ぶ際、意識したいポイントを3つご紹介します。

アウトドアリビングに設置する家具のポイント

出典:マルゲリータ公式サイト https://www.margherita.jp/user/file_752/

ポイント① 強風や台風で飛ばされないものを選ぶ

アウトドアリビングに設置する家具は、強風や台風で飛ばされないよう、重量感のあるものを選びましょう。
屋外家具の素材としてよく採用されるのは、アルミやプラスチック、錆び加工されたスチール、人工ラタン、防腐加工された木材などです。
このうち、アルミやプラスチック、人工ラタンなどは、重量が非常に軽いので、強風で飛ばされる危険性があります。

アウトドアリビングの家具が飛ばされると、最悪の場合、周辺の住宅に迷惑をかけてしまう可能性もあります。
そのため、アウトドアリビングに設置する際は、出しっぱなしでも風に飛ばされないよう、スチール製や木製のものを選ぶとよいでしょう。

ポイント② 雨ざらしでも劣化しない素材を選ぶ

アウトドアリビングに設置する家具は、雨ざらしでも劣化しない素材のものを選ぶことも大切です。
外に置きっぱなしにした場合、雨が最も家具にダメージを与えやすい要素となります。雨への耐性のない素材を使った家具の場合、早ければ数ヶ月程度で、使い物にならないほど劣化が進みかねません。

雨に強いことと、強風にも飛ばされないこと、この2つの要素を兼ね備えているのは、スチールと木材の2つです。
特に、アコヤなどのアセチル化が施された木材は、長く使っても雨で劣化する可能性がほとんどありません。
そのため、アウトドアリビング用家具の素材選びで迷ったら、アコヤが使われたものを選べば間違いないでしょう。

ポイント③ 出しっぱなしでも映えるおしゃれな家具を選ぶ

アウトドアリビングに設置する家具は、出しっぱなしでも映えるような、おしゃれなデザイン・色のものを選ぶことが重要です。
アウトドアリビングでは、基本的に家具を出しっぱなしにしておくため、汚れが蓄積したり、変色したりすると、残念な印象になってしまいます。

そのため、白などの汚れが目立ちやすい色は避け、黒やブラウンなど、汚れが目立たない色で、デザインがおしゃれな屋外家具を選ぶようにしましょう。

アウトドアリビングにおすすめのガーデンファニチャー「EXA(イグザ)」

アウトドアリビングに設置するなら、マルゲリータのガーデンファニチャーシリーズ「EXA(イグザ)」の家具がおすすめです。

アウトドアリビングにおすすめのガーデンファニチャー「EXA(イグザ)」

出典:マルゲリータ公式サイト https://www.margherita.jp/exa/

EXAは、雨ざらしでも腐らず、シロアリにも食べられない、高い耐久性を誇るアコヤを素材に採用しています。
また、アコヤは湿気によって変形することもないので、長年使ってもきれいな状態を保てます。
そんなEXAの具体的なラインナップを、以下で1つずつ確認していきましょう。

EXA ガーデンテーブル

EXA ガーデンテーブル」は、腐らない木材アコヤを使用した屋外テーブルです。
幅が240cmと180cmの2種類から選べ、大型サイズなので、大人数でのBBQなどでも重宝します。

EXA ガーデンテーブル

出典:マルゲリータ公式サイト https://www.margherita.jp/exa/exa-gt-01_index.html

EXA デッキテーブル

EXA デッキテーブル」は、素材に腐らない木材アコヤを使用した、デザイン性の高い屋外テーブルです。
天板から脚までの全体が、縦格子状に細い木材を組み合わせてできていて、日本の伝統意匠を彷彿とさせるデザインに仕上がっています。

EXA デッキテーブル

出典:マルゲリータ公式サイト https://www.margherita.jp/exa/exa-gt-02-2400-900.html

EXA ガーデンチェア

EXA ガーデンチェア」は、アコヤで作られたシンプルデザインの屋外チェアです。
前脚と後脚、および背もたれの応力をそのまま活かし、シンプルながらもおしゃれな形状に仕上がっています。

EXA ガーデンチェア

出典:マルゲリータ公式サイト https://www.margherita.jp/exa/exa-sd-01.html

上で取り上げたガーデンテーブルやデッキテーブルと合わせることで、テーブルセットとして使用することも可能です。

ガーデンテーブルやデッキテーブルと合わせることで、テーブルセットとして使用することも可能

出典:マルゲリータ公式サイト https://www.margherita.jp/exa/exa-sd-01.html

EXA デッキチェア

EXA デッキチェア」は、アコヤで作られたデザイン性溢れる屋外チェアです。
ヘリット・トーマス・リートフェルトの名作「赤と青の椅子」をオマージュしたデザインで、座り心地の良さはもちろん、置くだけでアウトドアリビングをおしゃれな空間に昇華してくれます。

「EXA デッキチェア」は、アコヤで作られたデザイン性溢れる屋外チェア

出典:マルゲリータ公式サイト https://www.margherita.jp/exa/exa-sdr.html

まとめ

今回は、アウトドアリビングをテーマに、作るメリットやおすすめの場所、設置する家具選びのポイントなどについて、詳しく確認しました。
アウトドアリビングがあると、家で気軽にアウトドア気分が味わえたり、子どもやペットを自由に遊ばせられたりと、多くのメリットが得られます。
しかし、アウトドアリビングは雨ざらしになることが多いので、そこに設置する家具は、雨に強い素材でできたものを選ぶことが大切です。
今回ご紹介したことを参考に、ご自宅におしゃれなアウトドアリビングを作ってみてください。

マルゲリータの公式サイトでは、今回ご紹介した屋外家具以外にも、色々な種類のおしゃれ家具を多数ラインナップしています。お客様の使用実例もたくさん掲載されているので、アウトドアリビングだけでなく、屋内で使う収納家具の購入を検討している方は、ぜひチェックしてみてください。