Shelf(シェルフ)
壁一面のA5判本棚 奥行180mm
縦8コマ×横7コマ
  • A5判本棚 薄型
  • A5判本棚 薄型
  • A5判本棚 薄型
  • A5判本棚 薄型
  • A5判本棚 薄型
  • A5判本棚 薄型
  • A5判本棚 薄型
  • A5判本棚 薄型
SLF-A5-2400-1800

壁一面のA5判本棚 奥行180mm
縦8コマ×横7コマ A5版 ビジネス書 学術書 新刊本 大判 コミック本 壁面本棚 薄型

104,500円(税別95,000円)
高さカットサービス
数量:
  • 通常約2週間前後に発送
  • 大型品の配送制限のためお届けまでに時間を要する場合あり
  • お客様組み立て品
ご購入前に必ずお読みください
天井の高さをご確認ください
本棚を床面で組み立てて立ち上げる場合、天井の高さより本棚の高さが20mm短くないと立ち上げる際に天井にあたります。ご注文の前にもう一度天井の高さと商品の高さをご確認ください。
設置場所の幅をご確認ください
本棚を組み立てる際にボルトをレンチを使って廻す都合上、最低でも本棚の「横寸法+100mm」の幅は必要です。ご確認ください。
配送について

大型商品の配送は予約制となります。
ご購入の際は、以下の内容についてお知らせくださいませ。

  1. 配送先の住所
    (ビルやマンションの場合は建物名、階数、EVの搬入可否)
  2. 配送先のお名前
  3. 電話番号(携帯番号)

※法人宛への配送は上記に当てはまりません。もしお客様が法人の場合は法人名を必ずご記載ください。宛先が法人であれば当方での着日指定が可能です。ただし、建築現場、入場制限のある場所への配送に関しては「配送予約」が適用になります。

付属の「転倒防止金具」について

プラスターボード(石膏ボード)用および木(合板)用の転倒防止金物(アンカーとL字金物のセット)が標準で付属しています。コンクリートの場合はプロダクト購入時の備考欄にてお知らせください。無料でお送りします。

開梱設置サービスについて

東京近郊のお客様には開梱設置サービス(有料)を行っております。お住まい、数量に応じてお見積もりいたします。ご希望の方はプロダクト購入時の備考欄にてお申し込みください。

開梱時に発生する梱包材については、お手数ですがお客様にて処分をお願いいたします。また開梱設置時には転等防止措置について対応しているわけではございません。

カット・オーダー加工について

「壁のエアコンを避けたい」「天井が傾斜している」など、お部屋の形状に合わせて本棚をカスタマイズしたい場合は、カット・オーダー加工サービス(有料)をご利用いただけます。ご購入前にお問い合わせください。

詳しくはこちら

縦板カット加工をご希望の方
縦板カット加工のみ必要で希望のカット寸法が既にある方は、ご購入時の備考欄にご希望のカット寸法(高さのご指示)をご記入ください。

A5判コミックが壁一面
2.4m×1.8m薄型の壁面本棚

床から梁下(主にマンションの場合)までを最大限に有効活用できる壁一面本棚です。この本棚は約2.4m×1.8mの大きな本棚です。奥行は180mmで、棚1コマの高さや奥行をビジネス書や学術書、文芸雑誌、教科書などに多いA5判の本の収納に特化。最近増えてきているA5判のコミック本にも対応します。A5判サイズの書籍がちょうど背表紙が正面から少し入った位置に並ぶ形で収納できるため探している本のありかが一目で分かります。

A5判本棚 薄型

1.8mという高さはマンションなどのRCの建物の梁下より10-20cm低いサイズです。地震による転倒防止対策として梁下に設置して最上段の横板の両端2箇所を付属のL字型金物を使用して壁面に固定していただく方法もありますが梁と本棚の間にフェルト付のフィラー板を挟みこみ本棚が転倒しようとする際に梁に突っ張りそれを防止する機能もあります。梁にそのままフィラー板を充てることが出来ればそこは躯体なので天井に対してよりも効果的な地震対策と言えます。

A5判本棚 薄型

プロダクト仕様

品名 壁一面のA5判本棚 奥行180mm 縦8コマ×横7コマ / Shelf
品番 SLF-A5-2400-1800
素材 シナ合板15t
表面木口:シナ材天然木突板貼り
仕上げ 素地仕上げ(無塗装)
サイズ W2395×D180×H1800mm
※実際の寸法です
巾木カット H=70、D=10mm
※全て巾木カット済です
棚内部
有効寸法
w=325、d=180、h=220(最上下段除く)
耐荷重 約20kg(1コマあたり)
付属品 六角レンチ(側板固定用)
転倒防止補助金物(プラスターボード・木用)
製造 日本製
備考 お客様組み立て品

巾木カット寸法

巾木カット寸法

棚内部有効寸法

棚内部有効寸法

壁一面のA5判本棚
奥行180mmの特徴

壁一面のA5判本棚 奥行180mm ビジネス書、学術書、文芸雑誌などA5サイズ本の収納に特化

ビジネス書、学術書、文芸雑誌など
A5サイズ本の収納に特化

ビジネス書や学術書、文芸雑誌、教科書などに多いA5判の本(横148×縦210mm)の収納に特化した本棚です。最近増えてきているA5判のコミック本(ワイド判、完全版)にも対応します。

壁一面のA5判本棚 奥行180mm 奥行きもA5判に合わせた薄型本棚、大量の本も無駄なく見やすく収納

奥行もA5判に合わせた薄型本棚
大量の本も無駄なく見やすく収納

A5サイズの本がちょうど背表紙が正面に並ぶ形で収納でき、本のありかが一目で分かります。奥行もA5判に合わせた薄型本棚なので大量の本を無駄なく見やすく収納できます。

[専用カセットオプションについて]

「壁一面のA5判本棚 奥行180mm」には、「壁一面の本棚 奥行350mm」でご用意しているような専用カセットオプションはありません。

壁一面のA5判本棚 奥行180mm リフォーム工事なしで、造作家具のような壁面収納を実現

リフォーム工事なしで
造作家具のような壁面収納を実現

既製品として4つのサイズを用意していますが、お部屋の天井や梁に合わせた本棚の高さ調整や、形状・サイズに合わせた様々なオーダー加工も承ります。リフォーム工事を行わずに「置くだけ」で、造作家具のような天井までの壁面収納が実現します。

カット・オーダー加工

サイズバリエーション

  • 壁一面のA5判本棚 奥行180mm 縦10コマ×横7コマ

    縦10コマ×横7コマ

    SLF-A5-2400-2400
    126,500円(税込)
    詳細
  • 壁一面のA5判本棚 奥行180mm 縦10コマ×横5コマ

    縦10コマ×横5コマ

    SLF-A5-1800-2400
    104,500円(税込)
    詳細
  • 壁一面のA5判本棚 奥行180mm 縦8コマ×横7コマ

    縦8コマ×横7コマ

    SLF-A5-2400-1800
    104,500円(税込)
    詳細
  • 壁一面のA5判本棚 奥行180mm 縦8コマ×横5コマ

    縦8コマ×横5コマ

    SLF-A5-1800-1800
    82,500円(税込)
    詳細

お客様事例

「壁一面のA5判本棚 奥行180mm」の事例一覧へ

Shelfシリーズについて

  • Shelf 壁一面の本棚 グリッドデザインによる ミニマルな構成

    グリッドデザインによる
    ミニマルな構成

    「Shelf 壁一面の本棚」は、縦材と横材に相互に切り込みを入れ、嵌合させて組み立てる方式を取ります。いわゆる“饅頭の仕切り板”の様な構成です。縦材と横材、それと最小限のボルトによる無駄な要素を一切含まないミニマルなデザインです。
    また、細く均一に繰り返される格子状のラインが壁面を見た際の形を支配することで、仮にセル内の書籍に統一感がなくても、その前面に強く出るグリッドにより美しい壁面へと進化していきます。

  • Shelf 壁一面の本棚 背板がないオープンシェルフ

    背板がないオープンシェルフ

    「Shelf 壁一面の本棚」には背板がありません。この背板がないことによる水平方向の動きに対して、四隅に設けられたブレース板がその剛性を保ちます。このブレース板の存在により、一見でマルゲリータの本棚であることが認識されています。
    同時に、その背後の壁面が収納された本の空隙を通して見えるため、特にアクセントウォールとしておしゃれな室内をを展開されている方にとってもその存在を失わずにブレース板とともに独自の見え方が提供できています。

  • Shelf 壁一面の本棚 たわまない本棚

    たわまない本棚

    「Shelf 壁一面の本棚」の各コマに本を満載にしても棚板は殆どたわみません。“殆どたわまない”というのは目視でそのたわみが確認できないほどの微細な数値という意味。
    実際の実験では、各コマ(幅は325mm)に目一杯の重量(書籍で最大約30kg、アナログレコードで最大約20kg)の荷重をかけても実験値及び計算値で約0.5mmのたわみ量となりました。現実的に「たわまない本棚」と言えます。

    たわみ量の計算と実験

  • Shelf 壁一面の本棚 表面木口は天然木突板貼り

    表面木口は天然木突板貼り

    表面(横板が貫いている面)は、木口にシナ材の天然木突板処理を行なっています。こちらを前面にしてお使いください。

    ※「Shelf ロータイプ本棚」は両面

  • Shelf 壁一面の本棚 巾木よけカットは標準仕様

    巾木よけカットは標準仕様

    巾木よけカット加工が標準仕様で施されています。(H=70、D=10mm)本棚を壁にぴったり付けて設置できます

    ※「Shelf ロータイプ本棚」を除く

  • Shelf 壁一面の本棚 カット・オーダー加工に対応

    カット・オーダー加工に対応

    お部屋の形状に合わせて、商品のカット加工やオーダー加工のご要望にも対応しています。

    ご希望の方にはカット案や設置図面を無料で作成いたします。

    カット・オーダー加工について

  • Shelf 壁一面の本棚 簡単な組み立て

    簡単な組み立て

    所要時間は大人2人で約30~60分。付属の六角レンチ1本で組み立て可能です。

    組み立て方法・動画マニュアル

    [開梱設置サービスについて]

    東京近郊のお客様には開梱設置サービス(有料)を行っております。お住まい、数量に応じてお見積もりいたします。ご希望の方はプロダクト購入時の備考欄にてお申し込みください。

    開梱時に発生する梱包材については、お手数ですがお客様にて処分をお願いいたします。また開梱設置時には転等防止措置について対応しているわけではございません。

  • Shelf 壁一面の本棚 本棚の転倒防止(地震対策)

    本棚の転倒防止(地震対策)

    付属の転倒防止金具を使用して、最上段の横板の両端2箇所を壁面に固定します。

    本棚が転倒する際には最下段の手前のラインを中心に全体が手前に倒れようとするので、そのラインから最も遠い位置で壁面に固定する方法が力学のモーメント的に最も有利です。

    本棚の転倒防止に関して

  • Shelf 壁一面の本棚 賃貸住宅での転倒防止対策

    賃貸住宅での転倒防止対策

    賃貸住宅にお住いで壁に固定することが難しい方、本棚の設置位置そのものを将来的に移動する可能性のある方には「フィラー板による固定」をご案内しています。

    天井と本棚の間にフィラー板を挟みこみ、本棚が転倒しようとする際に天井に突っ張ることで転倒を防止します。

    フィラー板による固定

シナランバーコア合板は幅の狭い端材を固めた芯材を両側からシナ材で挟み込んだ3層構造をとります。その両面はシナ材の柔らかな質感でありながらそこに強度を与え、反りにくく変形しにくい材料として古くから建築資材や家具の材料として使われてきました。本プロダクトにおいては表面の木口はシナ材の天然木突板処理を行っていますが、裏面の木口は部分的な色違い、節目、変色等による他と違った見え方をする木口がそのまま現れています。

転防止補助金物

プラスターボード(石膏ボード)用および木(合板)用の「転倒防止金具」が標準で付属しています。コンクリートの場合はプロダクト購入時に備考欄にてお知らせください。無料でお送りします。

付属の「転倒防止金具」について

Shelf プロダクト一覧

Shelf(シェルフ)

Shelf(シェルフ)

壁面を天井まで最大限に活用できるシンプルで丈夫な本棚。エコ素材を採用しDIYと比較しても遜色のないコストパフォーマンスのブックシェルフシリーズ。

Shelfシリーズトップへ

margheritaの全シリーズ一覧を見る